寄り添うタイトル

 山形新聞は「寄り添う『ぶんちゃん』取材班」を始めました。読者や県民からの情報に基づく新しいスタイルの調査報道です。 暮らしの中での疑問や困り事、学校での悩みや街の不思議など、依頼を基に記者が取材を進めます。情報を提供してくださった方に関する秘密は必ず守ります。
 下記のいずれかの方法で情報をお寄せください。「あなた」と「記者」が直接つながって身近な課題の解決を目指します。

最新記事

 「今年の芋煮会、どうする?」の問いかけに、「寄り添うぶんちゃん取材班」には多くの反響が寄せられた。「行かない」「誘われたら行く」はほぼ同数で、“迷いの秋”となっているようだ。義理で参加していた会がなくなって良かったという厳しい声も。職場や学校で当たり前だった芋煮会の常識が変わるきっかけになるかもしれない。

 「これからも新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるため、参加しない」としたのは天童市の70代無職男性。山形市の医療従事者の50代男性も「今は我慢のとき」として参加を見送った。重症化が心配される高齢者や、職場への影響を考える人は特に、神経をとがらせている実態が浮かぶ。

 一方「参加したい」とした中でも、家族や親戚と少人数なら行くという慎重派が目立った。職場や大人数のグループでは自粛傾向のようだ。山形市のパート事務員の50代女性は「これを機に、なんとなく恒例だからという芋煮会は減るのではないか」と指摘した。

 ほぼ全員に共通していたのは「家で楽しむ」という点だ。舟形町の40代主婦は「牛肉をランクアップさせる」と提案。米沢市の女子中学生は「いざとなったら自分で作る」、酒田市の男子学生も「芋煮を献立の一品に加える」と、若年層でも「家芋煮」の意識が広がっていた。

 なくなれば「風情がない」とする声も相次いだ。大事なコミュニケーションの場となっていたため「遠方の友人に会えなくて残念」「人間関係の希薄化が心配」などの回答があった。山形市の50代主婦は「文化がなくなるわけではない。安心してできるときに楽しめばいい」とした。

 山形市の馬見ケ崎川では19日、例年よりは少ないものの芋煮会をする家族連れなどの姿が見られた。決行するにしても回答者からは「食べるとき以外はマスクをする」「トイレや水場の混雑が心配」といった懸念は尽きなかったが、山形の秋の河川敷にこの風景は欠かせない。東根市の60代主婦は「鍋を囲む人たちを散歩がてら見るだけでも気分転換になる」とした。

 コロナ禍は、芋煮会という定番の文化をも見つめ直す機会となったようだ。家で少しぜいたくに、屋外でこぢんまり…。工夫をしながら、それぞれの秋を楽しみたい。
(2020年9月20日掲載)

投稿方法

LINE

下記QRコードを読み込み、「友だち登録」してください。

専用フォーム

こちらから入ってください。

ファクス

山形新聞報道部「寄り添う『ぶんちゃん』取材班」
023(641)3106

郵送

〒990-8550 山形市旅篭町2-5-12 山形メディアタワー
山形新聞報道部「寄り添う『ぶんちゃん』取材班」まで

※皆さんからお寄せいただいた情報は細心の注意を払って取り扱います。取材を目的に記者から個別に連絡させていただくことがあります。内容によって取材の対象にならない場合もあります。

⇒地方紙連携企画「戦後75年~言葉を刻む」

全国の地方紙と連携

 「寄り添うぶんちゃん取材班」のように、読者である「あなた」と記者がつながって調査報道するスタイルは全国の地方紙などに広がっています。山形新聞は、同じ取り組みを行っている地方メディアと連携します。皆さんの情報提供がきっかけになった記事は、ほかの加盟メディアに掲載されることがあります。また、加盟各社の記事が本紙の紙面に載ることもあります。地域に根ざした地方の各メディアがエリアを越えて連携することで、より視野が広く、深みを増した報道ができると考えています。連携協定を結ぶメディアは次の通り。

 北海道新聞(北海道)東奥日報(青森)岩手日報(岩手)河北新報(宮城)東京新聞(東京)新潟日報(新潟)北陸中日新聞(石川)福井新聞(福井)北日本新聞(富山)信濃毎日新聞(長野)岐阜新聞(岐阜)静岡新聞(静岡)中日新聞東海本社(静岡)中日新聞名古屋本社(愛知)京都新聞(京都)神戸新聞(兵庫)まいどなニュース(兵庫)中国新聞(広島)山陰中央新報(島根)徳島新聞(徳島)高知新聞(高知)西日本新聞(福岡)琉球新報(沖縄)テレビ西日本(福岡)エフエム福岡(福岡)九州放送(福岡)