NIBフロントライン

住吉屋食品社長
住吉克久氏
住吉克久氏
【インタビュー】
 -業界の現状と自社の取り組みは。

 「当社は、常に食卓にある豆腐、油揚げ、こんにゃくを製造している。業界は現在、各社とも機械化、効率化が進み差が小さくなる傾向だ。当社もオートメーション化しているが、手作業を大切にして残し、味にこだわっている。月山の伏流水、県内と国外産のおいしく安全な大豆、天然由来のにがりを使い、技術で差別化している。例えば豆乳が温度変化で傷まないよう、熱いうちににがりを入れる昔ながらの方法を続ける。また木綿豆腐作りは金属網を使う会社が増えているが、当社は本物の木綿にこだわる。新しい製造法も試すが、基準はおいしさ。味は評価されていると感じる」

 -需要の変化や新型コロナウイルスによる影響は。

 「人口減少に伴い、豆腐用の大豆消費量は平成の始まりをピークに減っている。大手に押されている現状もある。だが、当社は夏でも食べられるよう、中に野菜やひじきなどを入れた厚揚げ商品が人気だ。工夫して現状に立ち向かっている。一方でコロナの影響は大きかった。本社隣の直販店『清流庵(せいりゅうあん)』は客足が減ったが、ならばと豆腐でたこ焼きを作るなどして週末限定の縁日を開くと、家族連れが来てくれた。こうした挑戦は次に生きる。コロナ禍による量販店向け販売の変化はあまりなかったが、食卓に安心とおいしさを届ける自負を胸に取り組んでいる」

 -求める人材と育成法は。

 「製造現場では豆腐作りについて深掘りできる人材を求めている。商品開発では行動する人材が大切だ。お客さまのために動き、望まれるものを提供する。もし失敗したら方法を変えればいい。大手が作ることのできない商品をスピーディーに出せるようにしたい。このように職人的でありつつも、素早く行動できる人材を育成していきたい」

 -経営面で影響を受けた人物は。

 「祖父と父だ。祖父の久三郎はチャレンジする人で、米国に行った際に量販店を見て『スーパーの時代が来る』といち早く気付き、会社規模を拡大した。一方、父の久雄は職人肌。納得できるものを追求しようと味を大事にした。私は父とはいろいろぶつかったが味の追求では一致した。4年前に亡くなった父と、もう一度話をしてみたい」

 ★住吉克久氏(すみよし・かつひさ) 神奈川大経営学部卒。全国展開の飲食店チェーンに入社し直営店の店長職や店舗立ち上げなどを経験した。28歳で住吉屋食品に入社。開発営業部長を経て2015年に社長に就任。寒河江市出身。39歳。

 ★住吉屋食品 1932(昭和7)年に寒河江市丑町で豆腐作りを始め創業。その後に油揚げ、こんにゃく製造を開始した。70(昭和45)年に法人化し、同市三泉地区の現工場は94年完成。県内外のスーパー、旅館・ホテル、飲食店に製品を卸す。2012年に地域産業発展への貢献などで農林水産大臣賞。資本金1千万円、従業員50人。本社所在地は寒河江市下河原76の1。

【私と新聞】各地の頑張り知り、刺激に
 住吉克久社長は毎朝、自宅で山形新聞を開き、まず1面を見て重要なニュースをチェックすると、続けておくやみ欄、そして地域面に目を通す。「父(故久雄さん)の人のつながりを私は全て受け継いだ。その恩義を忘れない」と話し、おくやみ欄の重要性を強調する。食品製造は一般客からの信頼が最も重要であり、同様に取引先や関係者とのつながりを大切にして、良い商品を作り続けたいと願う。

 地域面を読む理由は「私たちが住む内陸についても、知らない情報が新聞に載る。庄内、置賜ならなおさら」と笑顔で話す。寒河江青年会議所の理事長を務めており、地域貢献を紹介する記事も気になる。コロナ禍における新聞の役割として「紙面を通して人の動きを知る」意義を指摘。「各地で何が行われているか伝える記事を、今以上に充実させ、掲載してほしい。自分も頑張ろうと刺激になる」と要望した。

【週刊経済ワード】洋上風力発電普及法
 洋上風力発電を普及させるため全国一律の海域利用ルールを定めた法律で、2018年11月に成立し19年4月に施行した。政府が促進区域を指定し、最大30年にわたり発電を許可する。区域の指定には安定的な発電を可能とする気象条件、船の航路や漁業に支障が出ないことなどが求められる。
[PR]