やましんSDGsメイン画像pc
やましんSDGsメイン画像スマホ

SDGsとは、2015年の国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

「誰一人取り残さない」との誓いの下、すべての国連加盟国が取り組むべき17の目標を定めています。いわば「人類共通の目標」。

とは言っても、難しいことではありません。社会を少しでも良くしようと、何か行動を起こせば、その積み重ねがSDGsの実現につながるのです。

山形新聞社は、SDGsの理念を広く知ってもらい県民運動として展開することを目指して、さまざまな事業を展開しています。

山形新聞は国連のSDGメディア・コンパクトに参加しています
SDGメディアコンパクト
SDGsビジョン

学びで「山形」を変える

山形新聞は、山形の未来の担い手を育てるため、確かな情報や知識と機会を提供していきます。

  • 「1学級1新聞」を通した郷土愛の醸成
  • 「1学級1新聞」を通して、児童・生徒の郷土愛醸成を図るとともに、学力の向上も目指していきます。

  • 新聞による学びの推進
  • 生涯教育事業の展開
  • 「健康フォーラム」「県民健康講座」などの各種講演会を開催し、生涯学習に対するニーズに応えます。

  • 若年層に向けた教育プログラムの開発
  • ・タブレット端末を用いた記事データベースの活用を図るなど、教育現場のデジタル化に合わせた取り組みを進めます。

    ・県内の話題を盛り込んだSDGsガイドブックを作成し配布するとともに、オンラインでも見られるようにします。

魅力ある「山形」を育む

山形新聞は、暮らしてよかったと県民が感じられる山形県にするため、さまざまな提言を行っていきます。

  • 言論・報道活動を通した社会正義の実現と人権擁護
  • ・山形新聞報道審査会に報道内容を審査いただくなど、適切な人権擁護を図ります。

    ・読者の疑問や質問に応える「寄り添うぶんちゃん取材班」を拡充し、身近なニュースを深く掘り下げて報道していきます。

  • 地域の安心・安全の見守り
  • ・「やましん地域安全ネットワーク」を通し、地域の安全・安心を見守る活動をさらに強化します。

  • スポーツを通した地域活性化
  • ・県土の一体感づくりにつながる「県縦断駅伝」をはじめ、県女子駅伝、冬季ロードレース大会、山形実業人野球大会などのスポーツ事業を通し、スポーツを通した地域の活性化を図っていきます。

  • 文化・芸術振興を通した地域活性化
  • 山形交響楽団山形美術館への支援、県美展・こども県展をはじめとする文化事業を通した文化・芸術の振興に努め、県民の心に潤いを与えていきます。

  • 働き方改革の推進
  • ・「健康経営優良法人」の認定を継続し、働きやすい環境を整備します。

美しい「山形」を守る

山形新聞は、四季豊かな山形の自然を守り次世代につなげていくために、循環型社会の実現に努めます。

  • 省エネと温室効果ガス排出削減に向けた取り組み
  • ・社屋内の冷暖房の温度設定を適切に行うとともに、再生可能エネルギーで発電した電力の活用を図り、温室効果ガスの排出削減に努めます。

  • 印刷センターの環境保全への取り組み
  • ・印刷時にロスとなる紙(損紙)の割合を減らし、水の使用量を抑え、排水・廃油は適切に処理するなど、印刷工程での、環境への配慮を徹底します。

  • 廃棄物削減とリサイクル
  • ・原料に古紙を含む新聞用紙を使うとともに、読み終えた新聞を販売店が回収し再び新聞用紙として使う「クローズド・ループ」の取り組みを一部の市町村で行っています。

  • 循環型社会の推進
  • ・企画記事や、主催事業「エコライフやまがた」などを通し、環境保全に対する県民意識 のさらなる高揚を目指します。

ふるさと「山形」と共に

山形新聞は、あらゆる社会課題の解決に向け、全ての個人や企業、団体などをつないでいくことで、新聞社としての社会的責任を果たします。

TOP