主催事業

豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っています

2022年の8大事業

 山形新聞、山形放送の2022年の8大事業が決まった。昨夏に開催された東京パラリンピックは「共生社会の実現」を掲げた。ユニバーサルツーリズム「東京五輪・パラ施設に共生社会の未来を見る」は多様性を尊重し、認め合う意識の浸透が目的だ。

 米沢市出身の漫画家、ますむらひろしさんは猫のヒデヨシらが織りなす空想世界「アタゴオル」をはじめ、ファンタジー世界を生み出す。山形市の山形美術館での「ますむらひろし展」はイラスト原画や漫画原稿などを展示し、ますむらさんの世界観を楽しむ。

 本県が世界に誇る山形市・蔵王山の樹氷は、アオモリトドマツの枯死被害に直面している。2年目の「みどりのまなび 樹氷再生への歩みプロジェクト―やまがたの森ファミリースクール」は、親子で幼木の植栽などを行い、地域の財産を未来へとつなぐ。

 「最上川さくら回廊」は1996年に始まり、今年も県内5会場と宮城県東松島市での植栽活動を計画。「子育て応援団すこやか2022」は15回目を数える。93年スタートの「健康フォーラム」に加えて4年目となる「県民健康講座」は、県内3会場での開催を予定している。

「最上川200キロを歩く 小学生探検リレー」は19回目。「山形新聞・山形放送杯ジュニアゴルフ大会」は第5回大会を実施する。

 8大事業は国連の持続可能な開発目標(SDGs)の理念と軌を一にしており、より良い地域社会の実現に向けて各事業を展開する。

主催事業

豊かな生活を願い
福祉活動を支援
平和・繁栄・進歩を願い
美術・音楽
スポーツ大会
健康づくりを応援
講演
将棋・囲碁大会の開催
  • 県将棋アマ名人戦
  • 県将棋選手権
  • 県職場対抗将棋大会
  • 県地区対抗囲碁大会
  • 県囲碁大会
  • 県高校将棋選手権大会
県勢発展を願い
国際交流を推進
  • 県日中友好協会「県民のつばさ」
未来を開く子供たちのために
  • 交通科学スクール
  • 新入学おめでとう大会
  • 県少年の主張大会
  • クリスマス子ども大会
就職・進学活動を応援
  • やまがた就活ナビ
  • やましん適職フェア
  • 東北の著名大学進学説明会
  • 大学・短期大学・専門学校進学相談会
女性のために
  • 山新女性のつばさ
マイホームづくりを応援
[PR]
[PR]