運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

「南陽の菊生産者支援」、3日で目標額達成

 山形新聞社のクラウドファンディング「山形サポート」で資金募集中の「長い歴史を誇る南陽の菊まつり。菊生産者の方々を守りたい」(南陽市、南陽菊花生産者を応援する会)が16日、目標金額の100万円を達成した。同日午後5時現在の支援額は104万円。募集開始から3日目でのスピード達成で、今後は目標を引き上げる「ネクストゴール」に挑戦し、10月16日まで支援を募る。

 同市の秋の風物詩「南陽の菊まつり」は日本一の歴史と伝統を誇るが、108回目の今年は新型コロナウイルスの影響で大幅に規模が縮小される。地元有志による応援する会は、規模縮小による収入減などの打撃を受けた生産者団体「南陽菊花会」を支援する費用を募っている。

 応援する会代表の斎藤博さんは「多くの支援をいただき感謝の気持ちでいっぱい。来年109回目の『南陽の菊まつり』開催に向け引き続き応援していただきたい」と話している。

[2020年9月17日掲載]