運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

2プロジェクトが目標金額達成 季刊にゃー、難病啓発パスケース

 山形新聞社のクラウドファンディング「山形サポート」で資金募集していた「新庄もがみの今描く『季刊にゃー』の総集編刊行」(新庄市、新庄・最上地域広域情報誌製作委員会)と、「#酔っぱらいではありません 病気への誤解減らすパスケース制作」(山辺町、酔っぱらいではありませんプロジェクト実行委員会)が29日までに募集を終えた。いずれも当初目標を達成し、プロジェクトは成立となった。

 「新庄もがみ―」は、創刊から10号までを一冊にまとめた総集編の製作費用を確保するため、先月24日に資金募集を開始した。当初目標の120万円を達成し、金額を200万円に引き上げる「ネクストゴール」に挑戦し、この第2目標もクリアし、最終的に236万5千円を集めた。

 「#酔っぱらいではありません―」は、歩行時のふらつき、ろれつが回らないといった症状がある脊髄小脳変性症(SCD)などの難病を広く知ってもらおうと、啓発用のパスケースを制作する費用を先月28日から募った。当初目標の30万円をクリアし、金額を50万円に引き上げる「ネクストゴール」に挑戦していた。最終的な支援総額は45万円で、この第2目標の達成はならなかったが、プロジェクトは成立した。

 山形サポートは引き続き、「移動トリミングカーで愛するペットを笑顔に!」の支援も募っている。問い合わせは山形新聞デジタル推進部023(622)5265。

[2020年5月31日掲載]