運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

「『季刊にゃー』の総集編刊行」が目標達成

 山形新聞社のクラウドファンディング「山形サポート」で資金募集中の「新庄もがみの今描く『季刊にゃー』の総集編刊行」(新庄市、新庄・最上地域広域情報誌製作委員会)が14日、目標の120万円を達成した。同日午後5時現在の支援額は123万円。目標を200万円に引き上げる「ネクストゴール」に挑戦し、今月29日まで支援を募る。

 「季刊にゃー」は新庄・最上地域の食、文化や、後世につなげたい人などを発信するフリーペーパーで、2017年に創刊した。地域の題材を地域人の視点で取材する-をモットーに、毎号一つのテーマを深掘りする企画と編集は好評で、新庄市役所に保管しているバックナンバーは在庫切れの状態という。

 それでも過去記事を読みたいとの声が多いことから今回、創刊から10号までを一冊にまとめた総集編を2千部製作する費用を募っている。『季刊にゃー』のライターを務める沼野啓史さんは「今回の挑戦を通して季刊にゃーへの期待や深く読み込まれていることを知り、身の引き締まる思い。さらに魅力あるフリーペーパーにしていきたい」と話している。

[2020年5月15日掲載]