運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

新着情報

「酒井家墓所公開へ整備」が目標達成

 山形新聞社のクラウドファンディング「山形サポート」で資金募集中の「旧庄内藩主・酒井家墓所を一般公開に向けて整備」(鶴岡市、荘内酒井歴史文化振興会)が24日、目標の200万円を達成した。同日午後5時現在の支援額は210万5千円。目標を引き上げる「ネクストゴール」に挑戦する意向で、今月31日まで支援を募る。

 旧庄内藩の歴代藩主らが眠る約7270平方メートルの酒井家墓所は同市家中新町の大督寺南側にある。敷地が広大で適切な保存管理が長年の課題となっていた。同会は城下町鶴岡の新たなシンボルとして墓所を整備しようと、昨年9月に発足。酒井家の庄内入部から400年となる2022年4月からの一般公開に向け、墓所の清掃や草刈り、修復などの費用を募っている。

 同会の代表理事で酒井家第19代の酒井忠順(ただより)さんは「皆さんの期待に応えられるよう精いっぱい努力していきたい」と話していた。

[2020年1月25日掲載]