運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

県民の資金調達をお手伝い。

県民の資金調達をお手伝い。

県民の資金調達をお手伝い。

県民の資金調達をお手伝い。

県民の資金調達をお手伝い。

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

注目のプロジェクト

pickup

幕末の志士・清河八郎の旅日記「西遊草」を復刻

 庄内町の清河八郎記念館は、同町出身の幕末の志士・清河が安政2(1855)年に母親を伴って旅した際に記した道中記「西遊草」の復刻に取り組んでいる。西遊草には各地の風景や風俗、歴史などが細かに記されており、家族への思いやりにあふれた内容で、清河の新たな人間像も浮かび上がらせるという。既に絶版となっているが、同館には本を求める問い合わせが多く、今回1000部復刻することになり、その費用の一部を募っている。



詳細を見る
pickup

旧庄内藩主・酒井家墓所を一般公開に向けて整備

 鶴岡市の荘内酒井歴史文化振興会は、旧庄内藩の歴代藩主らが眠る約7270平方メートルの広大な酒井家墓所を城下町鶴岡の新たなシンボルとして整備、保存しようと今年9月に発足した。これまで地元有志などが年数回、ボランティアで草刈りや清掃を行ってきたが、敷地が広大なため、保存管理が長年の課題となっていた。歴史・文化を次代に継承していくため、同会は酒井家の入部により庄内藩が成立してから400年となる2022年4月からの一般公開に向けて、墓所の清掃や草刈り、墓石や石畳の修復費用などを募っている。


詳細を見る

プロジェクト一覧