運営主体 山形新聞 荘内銀行 サポート 山形銀行 きらやか銀行 山形県 Readyfor

県民の資金調達をお手伝い。

県民の資金調達をお手伝い。

県民の資金調達をお手伝い。

県民の資金調達をお手伝い。

県民の資金調達をお手伝い。

山形サポート

クラウドファンディングを検討したい。

メインメニュー

注目のプロジェクト

pickup

高校生がマツの葉緑素を使った発電実験に挑戦

 酒田市の酒田東高2年の佐藤伶さんは、同級生2人とともに、課題研究の中で葉緑素を使った「色素増感太陽電池」の研究に取り組んでいる。この電池は植物から抽出した色素に太陽光を当てると、光を吸収して電気に変える性質を生かした仕組みで、次世代太陽電池として注目されている。今回はマツの葉から葉緑素を抽出する。同電池を作製するためには、葉緑素に含まれるいくつかの色素を分離するなどの過程があるが、この実験に必要な薬品や器具がないことから、その購入費を募る。

詳細を見る

プロジェクト一覧