医師の「働き改革」として、4月から医師の時間外労働の上限が原則として年960時間に規制されます。医師の長時間労働を解消することで医療の質向上につながる、との期待もある一方で、診療科間での医師数や勤務時間には偏りがみられ、対応の一層の充実も求められています。

 共同通信社は高度医療を担う全国の特定機能病院を対象に、勤務時間を上限時間に収めることが可能かどうかや、改革への評価などを尋ねるアンケートを実施しました。

▼主な内容
◇医師の働き方改革とは
◇アンケート結果

・上限の960時間に収められるか
・改革制度開始前の対応は?
・医師の働き方改革を評価するか
・改革制度以外に必要な施策は?

◇記者の目
◇専門家の見方

この特集を見るには山形新聞電子版サービスへの加入が必要です。山形新聞電子版サービスへの加入はマイページより行えます。

充実! 山形新聞のデジタルサービス

電子版サービスのイメージ

山形新聞電子版サービスに加入すると、パソコンやスマートフォンで毎日の紙面が読めるほか、ニュース速報や記事検索など、さまざまなデジタルサービスを利用できます。

※山形新聞電子版サービスに加入するには、会員登録(山形新聞デジタル会員)が必要です。

[PR]
[PR]