2021県内十大ニュース

>>山形新聞トップ >>2021県内十大ニュース

 山形新聞が選ぶ2021年の県内十大ニュースが決まった。1位は昨年に続き新型コロナウイルスの感染拡大。山形市や寒河江市では県独自の緊急事態宣言が出され、7月下旬には流行第5波に入った。一方、ワクチン接種は順調に進み、山形花笠まつりや県総合美術展(県美展)など大規模イベントが2年ぶりに開催されるなど経済社会活動が再開され、明るい光が見えてきた1年だった。2位の東京五輪・パラリンピックは、県内で聖火リレーが繰り広げられ、本県関係者の奮闘が多くの人の心を打った。農作物の凍霜害や副知事の長期不在、県議の政務活動費不正受給など残念なニュースも相次いだ。

2年目のコロナ禍

流行2年目を迎えた新型コロナウイルスは、1年目を超える猛威を振るった。感染力が強い「デルタ株」が広まり、8月にはひと月の新規感染者が1000人を超えた。経済をはじめ各方面に大きな影響を及ぼした。

 流行第3波に襲われた3月、山形市と寒河江市には県と共同の緊急事態宣言が発出され、飲食店に時短要請が出された。第5波はより深刻だった。8月21日には1日当たりの感染者が過去最多の69人を数えた。専用病床は逼迫(ひっぱく)し、医療提供体制は限界に近づいた。

 一方、感染拡大防止の鍵となるワクチンは広まった。本県の接種率は約9割に達し、全国トップクラスとなっている。3回目接種も始まり、第6波への備えが進められている。

山形市に緊急事態宣言が発出され、JR山形駅前の繁華街は人通りがまばらになった=3月23日 山形市に緊急事態宣言が発出され、JR山形駅前の繁華街は人通りがまばらになった=3月23日

東京五輪・パラ、県民に力

東京五輪・パラリンピックが史上初となる1年の延期を経て開催された。新型コロナウイルス禍による試練を乗り越えて県勢は五輪に5選手、パラリンピックに4選手が出場。メダルには届かなかったが、力の限りを尽くした。聖火リレーでは多くの県民がともしびに思いを託した。

総勢185人が五輪のシンボルをつないだ県内での聖火リレー。オレンジ色のともしびに大勢の県民がそれぞれの思いを託した=6月6日、米沢市・上杉神社 総勢185人が五輪のシンボルをつないだ県内での聖火リレー。オレンジ色のともしびに大勢の県民がそれぞれの思いを託した=6月6日、米沢市・上杉神社

衆院選・3小選挙区を自民独占

第49回衆院選が10月19日公示、31日投開票の日程で行われた。県内3小選挙区には7人が出馬し、2014年から3回連続で自民が議席を独占した。野党側は県1、2区に統一候補を立てて戦ったが共闘は振るわず、比例東北ブロックでの復活当選も逃した。

衆院選の出陣式で気勢を上げる陣営関係者ら。県内3小選挙区に計7人が出馬し、自民が議席を独占した=10月19日、山形市 衆院選の出陣式で気勢を上げる陣営関係者ら。県内3小選挙区に計7人が出馬し、自民が議席を独占した=10月19日、山形市

知事選、現職4選

任期満了に伴う知事選は、現職の吉村美栄子氏が新人の元県議大内理加氏を破り、4選を果たした。女性同士による一騎打ちは全国初で、12年ぶりの選挙戦となった。新型コロナ対応の継続性を訴えた吉村氏が全35市町村で支持を集め、23万票余の大差で勝利した。

12年ぶりの選挙戦で、4選を果たした吉村美栄子氏=1月24日、山形市 12年ぶりの選挙戦で、4選を果たした吉村美栄子氏=1月24日、山形市

サクランボなど凍霜害深刻

今春、県内各地で凍霜害が相次いで発生した。被害は30市町村に及び、農業被害の総額は記録が残る1963(昭和38)年以降で最悪となる130億700万円に上った。特にサクランボの被害は甚大で、収穫量は平年比約3割減の9160トンまで落ち込んだ。

霜に当たって雌しべが枯死したサクランボのつぼみ。全体の農業被害額は130億円超に上った 霜に当たって雌しべが枯死したサクランボのつぼみ。全体の農業被害額は130億円超に上った
[PR]

副知事不在7カ月半

副知事に選任され、辞令を受ける平山雅之氏(右)=10月28日、県庁 副知事に選任され、辞令を受ける平山雅之氏(右)=10月28日、県庁

 県議会が3月、若松正俊氏の副知事再任案を否決、副知事不在約7カ月半の異例の事態が続いた。背景にあったのは、知事選で生じた吉村美栄子知事と県議会最大会派・自民党の対立。吉村知事が再任を断念し、平山雅之氏の新任を提案。県議会が10月に同意した。

県議の政活費不正発覚

政務活動費の不正受給を認め、記者会見で謝罪する野川政文前県議=11月15日、山形市 政務活動費の不正受給を認め、記者会見で謝罪する野川政文前県議=11月15日、山形市

 県議の野川政文氏が事務所スタッフの人件費を架空計上し、2008~20年度の13年間で総額1248万円の政務活動費を不正受給していたことが明らかになった。辞職した野川氏は記者会見で私的流用を否定。しかし具体的な使途や領収書は示さなかった。

山形空港にオスプレイ

山形空港に着陸した米軍機オスプレイ=6月14日、東根市 山形空港に着陸した米軍機オスプレイ=6月14日、東根市

 米軍横田基地の輸送機オスプレイ2機が6月14日夕、東根市の山形空港に緊急着陸した。米軍からは明確な理由や情報は明かされないまま、大勢の見物客が集まる事態ともなり、国や県の対応は混迷を極めた。空港内の自衛隊施設へ移動し、6日後に離陸した。

山形大重粒子センター、照射治療開始

山形大医学部東日本重粒子センターで照射治療がスタート。モデル患者で治療の流れを説明した=2月25日、山形市 山形大医学部東日本重粒子センターで照射治療がスタート。モデル患者で治療の流れを説明した=2月25日、山形市

 東北・北海道で初となる重粒子線がん治療装置を導入した山形大医学部東日本重粒子センターが2月、前立腺がん患者への照射治療を始めた。さまざまな部位への照射に対応する「回転ガントリー」の稼働は、調整不良で予定した8月から来年以降にずれ込んだ。

10県警、不祥事相次ぐ

県警の佐藤正顕本部長(右)と県公安委員会の北村正敏委員長が不祥事の再発防止を指示した=9月9日、県警本部 県警の佐藤正顕本部長(右)と県公安委員会の北村正敏委員長が不祥事の再発防止を指示した=9月9日、県警本部

 県警の不祥事が相次いだ。同僚に交通違反の見逃しを依頼した警部と、見逃した3人が書類送検され、停職や減給の懲戒処分、所属長訓戒になった。交番内で同僚の財布から現金を盗んだ巡査部長や、飲酒した後に車を運転した未成年の警察学校生も処分された。

次点

 運休・遅延対策が急務となる山形新幹線の福島県境部のトンネル新設に関し、県は調査費を初めて予算化した。債務負担行為を盛り込んだ本年度一般会計補正予算案が県議会9月定例会で可決された。JR東日本の調査結果公表から4年を経て、実現に向けて動きだした。

[PR]