山形新聞×PR TIMES

「温かいつながりの創出」をテーマに2022年度入社社員のオンライン内定式を開催<10月1日実施>

株式会社ニット
株式会社ニット(本社:東京都品川区、代表取締役:秋沢崇夫、以下ニット)は、2015年よりフルリモート前提で創業し、現在、400人が日本全国・世界33カ国からオンラインで業務を遂行しています。このたび、これまでに培ってきたオンラインイベント運営のノウハウを活かし、サプライズコンテンツなどを交えた、他社とはひと味違う「オンライン内定式」を令和3年10月1日に実施いたしました。単に新型コロナウイルスの感染予防対策の手段というだけではなく、入社メンバー全員とのつながりを創出できるのがオンラインイベントです。3名の内定者と共に「未来を自分で選択できる社会をつくる」というビジョンに向かってさらなる事業成長を目指します。 ◆忘年会やキックオフに!企画から運営まで依頼できるオンラインイベントサービスリリース ※詳細はコチラ:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000236.000059127.html ◆お問い合わせ: 電話:050-5212-5574 メール:info@knit-inc.com 担当:小澤(こざわ)






オンライン内定式のコンセプト

直接顔を合わせなくても、まるで会っているかのような感覚を醸成することを目指し、オンライン内定式を行いました。メンバー全員がフルリモートで働く当社では、互いを身近に感じられる関係づくりが何より大事だからです。

「ワクワク感」を持って新人メンバーを迎え入れたいという思いで、サプライズコンテンツも用意しました。


実施概要

日 時 : 2021年10月1日(金) 12:30-13:00
場 所 : Zoom(オンライン)
内定者:3名
1.内定者Tさん:山形大学 人文社会科学部
2.内定者Yさん:立命館大学 スポーツ健康科学部
3.内定者Kさん:筑波大学 社会・国際学群社会学類
参加者の人数 : 20名(社長も含む運営メンバー全員が参加)
参加者のエリア:東京、エルサレム、スイス、神奈川、大阪、鳥取など


オンライン内定式の目的





オンラインイベントを通じて上記3つの実現を目指しました。今回入社する3名のメンバーは、内定後にインターンという形で関わっており、すでに事業運営に積極的に取り組んでいます。


当日の様子




▼内定式の流れ
開会の挨拶をした後に、ニット代表取締役社長の秋沢から新人メンバーに向けて期待の言葉を述べました。内定式では「自己紹介」が定番ですが、今回はあえて「他己紹介」という形をとることで緊張感を演出。また、互いの距離感を縮めるために、新人メンバーに対して「サプライズ」を用意しました。こうした企画を通じて、オンラインでも温かみのある空気感をつくることが狙いです。



▼内定者同士で他己紹介
各人が自分以外の内定者を紹介するための資料を作り、入社を決めた理由や尊敬している人などを発表しました。以下は、その時に使われた紹介用スライドです。






▼代表の秋沢より:内定者3名に向けた期待の言葉
ニットにとっては初めての新卒採用。数ある会社の中で、まだまだ知名度が高いとは言えないベンチャー企業のニットを選択してくれたことがとても嬉しい。来年の4月からがとても楽しみだし、期待している」と伝えました。また、それと同時に、以下の4つを大事にしてほしい、と語りました。






▼内定式翌日の代表秋沢のツイート
https://twitter.com/akki_lws/status/1444195703866134535?s=20

▼2つのサプライズ


事前に撮影した各内定者に関係する人からの応援メッセージをその場で再生。驚きのあまり思わず目に涙を浮かべるメンバーもいました。






最後に、3人に対して重大なMISSIONを通達。2021年4月1日に予定している入社式を、新人メンバー自身で企画・実行するという内容です。一つのものを仲間と共に作り上げる、そのプロセスを体感してほしいという思いでこのMISSIONを考えました。入社までの半年間をかけて、3人が協力しながら遂行してほしいと思っています。

▼最後に記念撮影
内定式の最後に、恒例の集合写真を撮影。各人のバーチャル背景に文字を入れ、Zoomの画面上で並んだ時に「内定おめでとう 一緒に世界を変えよう」というメッセージになるよう設定しました。このようなちょっとした工夫が、互いの距離感を縮めることにつながると信じています。






オンラインイベントにまつわるFAQ

▼対面より伝播する熱量が少ないのでは?
⇒もちろん対面型の入社式では一定の緊張感があり、帰属意識も醸成され、相当な熱量が伝わると思います。オンライン入社式でも同じ雰囲気をつくるには【コンテンツ設計】が肝で、その内容次第で、対面と遜色ない熱量を伝えられると思っています。
例)バーチャル背景を駆使、受け入れ側の表情やスタンス、サプライズ演出など

▼双方向的なコミュニケーションをとりづらいのでは?
⇒Zoomの機能を駆使すれば、配属先の上司やバディの先輩とのセッショントークなども可能です。同期同士でもセッショントークの時間を設け、出身地や趣味を共有したり、ニックネームを付け合ったりすることで盛り上がりを演出できます。

▼いつもオンラインイベントが盛り上がりません……コツは?
⇒「ガヤ」と「サプライズ」の設計が肝です。
ここでいう「ガヤ」とは、参加者の緊張をほぐし場を盛り上げるためのちょっとした工夫です。例えば、誰かが話している時にチャットで積極的に反応して盛り上げたり、表情で楽しんでいる雰囲気を伝えるのが大事です。「サプライズ」の例としては、相手が喜びそうな人に協力を仰いでお祝いムービーを撮影したり、おそろいのトレーナーを自宅に郵送したり、などが挙げられます。オンラインイベントの際にみんなで着ると一体感を演出できるのでおすすめです。


オンラインアウトソーシングサービス「HELP YOU(ヘルプユー)」



さまざまなスキルセットを持った優秀なアシスタントチームがあなたの仕事をサポートする業務効率化のサービスです。バックオフィス系の業務(人事、経理、営業事務、資料作成など)をオンラインアウトソーシングとして請け、コア業務に集中できる環境作りに貢献します。

HELP YOUサービスサイト:https://help-you.me/
HELP YOU採用サイト:https://va.help-you.me/

<会社概要>


会社名 :株式会社ニット
代表者 :代表取締役 秋沢 崇夫
本社所在地:東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル 10F 41号
設立 :2017年8月 ※2015年 HELP YOUサービス開始
事業内容 :オンラインアウトソーシングサービス「HELP YOU(ヘルプユー)」の運営。働き手への学びのサービス、働き手を応援するメディア事業なども展開。

「未来を自分で選択できる社会をつくる」というビジョンを掲げ、2015年よりフルリモート前提で創業し、現在、約400人が日本全国・世界33カ国からオンラインで業務を遂行しています。業務遂行だけではなく、オンラインでも温かいつながり・コミュニティを開発していく方法を模索しております。

URL :https://knit-inc.com/




令和2年度「総務省テレワーク先駆者百選」に選出されました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000059127.html


<本件に関するお問い合わせ>
株式会社ニット
広報担当:小澤/今西/阿久津
電話番号:050-5212-5574
メールアドレス:info@knit-inc.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
2021-10-11 12:00掲載
2021-10-11 15:21更新

[PR]
[PR]