山形新聞×PR TIMES

【4月8日(月)16時より、好評につき完売中のチケットの再販が決定!】世界最大級の自然派ワインの祭典『RAW WINE TOKYO』参加生産者や飲食店の追加情報を公開!

RAW WINE
日本初開催!世界21ヵ国と200以上の自然派ワインを中心とした生産者に会える、フランク・コーネリッセンやドメーヌ・タカヒコなど海外・日本から多くの生産者が参戦

世界最大級の自然派ワインの祭典「RAW WINE TOKYO(ロウワイン トウキョウ)」が、2024年5月12日(日)・13日(月)の2日間に渡り、寺田倉庫 B&C HALL(東京)にて日本初開催いたします。この度、チケット発売後、ご好評につき完売となっていたチケットを、少しでも多くの皆様に楽しんでいただけるよう、4月8日(月)16時より公式サイト(https://www.rawwine.com/fairs/tokyo-2024?currency=JPY)でチケットの追加販売をいたします。当日のチケット販売はございませんので、是非この機会にワインラバーの皆様、インポーター、飲食業界の皆様、ご購入をご検討ください。また、当日参加する自然派ワインを中心とした生産者の情報及び、飲食店についても決定しましたので、お知らせいたします。



アイコニックな海外・日本の生産者から日本未入荷のワイン生産者まで、参加生産者をご紹介!


「RAW WINE TOKYO」は、フランス人女性初のマスター・オブ・ワイン※であるRAW WINE主宰イザベル・レジュロンによる、世界中から厳選された自然派ワイン、ビオワインなどに出会うことができる2日間限定のワインフェアです。当日は、自然派ワインの生産者が集まり、直接生産者や醸造者と交流しながら100以上のワインティスティングとワインに合わせたフードをお楽しみいただけます。
今回は、オーストラリア、オーストリア、チリ、フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ギリシャ、イタリア、日本、レバノン、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、スロバキア、韓国、スペイン、スイス、台湾、イギリス、アメリカなど、21カ国から125以上の生産者の参加が決定。フランク・コーネリッセン(イタリア・シチリア)、ル・ピュイ(フランス・ロワール)、ヒユ・ファーム(アメリカ・オレゴン)、ドメーヌ・リガス(ギリシャ・マケドニア)などの日本でも知られているアイコニックな生産者だけでなく、ディスティルリー・カゾット(フランス)のようなスピリッツ生産者、シードルリー・A・ヘフティグ(スイス)のようなシードル生産者も参加します。また、多くの生産者が日本初上陸のワインを提供することや、日本未上陸の生産者と出会えることも今回のイベントの大きな魅力です。ぜひ、多くの生産者との新たな出会いの場として、インポーターや飲食店の皆様もRAW WINE TOKYOに足を運んでみてください。

日本初開催に伴い、自然な造りにこだわる日本ワインの生産者や日本酒の酒蔵も参戦!


日本初開催につき、名だたる日本ワインの生産者の参加も決定いたしました。ドメーヌ・タカヒコ(北海道余市町)、香月ワインズ(宮崎県綾町)、no.505 Hiroshima Winery(広島県三原市)、コルトラーダ(岡山県新見市)、ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン(岡山県岡山市)、島之内フジマル醸造所(大阪市中央区)、グレープリパブリック(山形県南陽市)(※順不同)が、来場者にワインを注ぎます。
また、自然派ワイン以外にも自然なお酒造りにこだわる日本の酒蔵が特別に参加。寺田本家、秋鹿酒造、木戸泉酒造、仁井田本家(※順不同)の豪華酒蔵がイベントに駆けつけます。

フランス料理、和食、タイ料理、日本茶など参加飲食店も公開!


今回特別に、自然派ワインとのペアリングを楽しむのにぴったりなフードを提供してくれるお店として、都内の人気店3店が決定。旬の食材を使った和食と自然派ワインが楽しめる西麻布の和食屋「葡呑(ぶのん)」、オーストラリア発のモダンタイレストラン「Longrain(ロングレイン)」、オーガニック食材を使ったフランスの家庭料理と自然派ワインが楽しめる南青山のワインバー「apero(アペロ)」が、心と身体を満たす美味しいフードでRAW WINEの会場を盛り上げます。また、お茶屋「norm tea house(ノーム ティー ハウス)」の参加も決定。休憩タイムの喉を潤してくれます。
※飲食店のフードや飲み物の代金はチケット代には含まれません。
※下記メニューは予告なく変更となる場合がございます。ご了承ください。

「葡呑(ぶのん)」(https://www.instagram.com/shigerunakaminato/
・いなり寿司と味噌汁

「Longrain(ロングレイン)」(https://www.instagram.com/longraintokyo/
・ソフトシェルシュリンプのトムヤムマリネ
・“ミャンカム”漬まぐろ 和のハーブ 味噌漬け卵黄 エゴマ
・レモングラスと鴨のつくね “ガイヤーン風”
・グリーンパパイヤ 甘夏 ホタテのヤム
・カボチャの丸ごとロースト ベジタリアンイエローカレーソース
・カオヤム

「apero(アペロ)」(https://www.instagram.com/aperowines/
・国産チーズの盛り合わせ /自家製オーガニックパン付
・パテ・ド・カンパーニュ、北海道産豚肉、自家製ピクルス
・パン・バニャ、魚と野菜のマリネ
・シュー・ア・ラ・クレーム

「norm tea house(ノーム ティー ハウス)」(https://www.instagram.com/normteahouse/
・紅茶モクテル           ・抹茶とモナカ
・コールドブリューティー       ・モナカ
・ホットティー
・抹茶ソーダ

イベント詳細



▼チケット購入ページ https://www.rawwine.com/tickets
※業界関係者チケットは出店ワイナリーのお取り扱いにご関心があるレストラン、バー、ホテル、ショップ、輸入業者、販売業者(個人可)などの皆様が対象の割引チケットです。購入時に業界関係者であることを証明いただく必要があります。(名刺や雇用契約書などのアップロード ※日本語資料可)詳しくは公式サイトをご確認ください。

イザベル・レジュロンMW



RAW WINE創業者。フランス人女性で初めて
マスター・オブ・ワインを取得した自然派ワイン運動の推進者。著書である『自然派ワイン入門』(エクスナレッジ)は、自然派ワイン愛好家はもちろん、これから自然派ワインの世界に足を踏み入れる初心者にも最適な一冊として親しまれており、現在9ヶ国語で出版中。

RAW WINE TOKYO開催メッセージ
長い準備期間を経て、ついに「RAW WINE TOKYO」を開催できることを心から嬉しく思っています!日本の皆様に世界中の自然派ワインを共有できることをとても楽しみにしています。また、日本国内の生産者にもご参加いただけること大変興奮しており、開催当日が待ち遠しいです。

Isabelle Legeron MW

RAW WINEとは


RAW WINEは、自然派ワインの普及と発展を目標にフランス初の女性マスター・オブ・ワインのイザベル・レジュロンが創業した、ワイン生産者・醸造家・輸入業者・ワイン生産者協会などワインラバーを繋げる世界最大の自然派ワインプラットフォームです。ウェブサイトには数千種類のワインに関する製法や加工方法などの幅広いデータを提供しており、月間5万人以上が閲覧しています。小さなローカルコミュニティーとしてスタートしたRAW WINEは、ベルリン、ロサンゼルス、ニューヨーク、モントリオール、トロント、マイアミ、ウィーン、ロンドン、コペンハーゲン、パリなど、世界各地でフェアを開催する規模までに成長しました。長年に渡り大規模な自然派ワインの貿易ネットワークの構築と自然派ワインの認知拡大を目標に活動を行ってきたRAW WINEは、今後も世界中の自然派ワインの生産者や消費者を繋ぎ、自然派ワインを広めていきます。
※マスター・オブ・ワイン:英国に拠点を置くマスター・オブ・ワイン協会が認定する、ワイン業界においてもっとも名声の高い資格

■過去の様子 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
2024-04-02 14:00掲載
2024-04-04 23:47更新

[PR]
[PR]
[PR]