2023年1月29日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

GENERATIONS白濱亜嵐、観月ありさと衝撃の“生2人芝居”「びっくり、怖すぎ…」 ABEMAで“24時間テレビ”

『GENERATIONS 24時間テレビ 24時間いろんなライブできるかなぁ?』で2人芝居ライブに挑戦した(左から)白濱亜嵐、観月ありさ(C)AbemaTV, Inc.
 ダンス&ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが、3日ときょう4日放送のABEMA『GENERATIONS 24時間テレビ 24時間いろんなライブできるかなぁ?』に出演。リーダーの白濱亜嵐は、俳優・観月ありさと“2人芝居ライブ”に挑んだ。

【場面カット】白濱亜嵐が目に涙を浮かべ迫真の表情

 同番組では、11月にデビュー10周年を迎えたGENERATIONSのメンバー7人が、自分たちのかなえたいさまざまなジャンルの生ライブに24時間ノンストップで挑戦し続ける。3日午後9時にスタートし、きょう4日同時刻まで生配信される。

 メンバーのソロコーナーは、1つ目が片寄涼太の“ピアノ弾き語りソロライブ”、2つ目が数原龍友の“クリスマスライブwith伶”、そして3つ目として白濱の“2人芝居ライブ”が実施された。

 10歳差カップルの“最期”の時間を描く、鈴木おさむ氏のオリジナル脚本「さよならゴースト」を、初共演の白濱と観月が熱演した。山野星(白濱)が仕事を終えて家に帰ると、1年前に亡くなった年上彼女の川田桜(観月)が待っていたというストーリー。残り30分で姿が見えなくなってしまう彼女とのやりとりから、どんでん返しの結末が話題を呼んだ。

 小森隼は「すごい良かったけど、めちゃくちゃ怖かったです…!」と驚きを隠せず。視聴者からも「びっくり、怖すぎ…」「衝撃展開だった!」といったコメントが殺到。芝居の終盤で両目から涙を流した白濱には「圧巻の演技だった…」「すっごい引き込まれた!」との声が寄せられた。

 生放送での2人芝居の感想を聞かれた白濱は「生放送で緊張したのは、過去一かも…!」と興奮冷めやらず。さらに、台本を1ページ飛ばしてしまうというまさかのハプニングが起こったことを明かし、「生は何かがあるね…」とぼう然。観月は、白濱との初共演の感想を聞かれて「亜嵐くん、本番になったら違うんです。すごく良かったですよ。さすがだね!すごかった」とアドリブも織り交ぜながら演じた白濱に拍手を送った。
公開:2022-12-04 09:51
更新:2022-12-04 09:51
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ
[PR]
[PR]
[PR]