2023年1月29日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

別格の存在感を示した韓国発のエンタメコンテンツ~「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」

サプライズ登場したミッキーマウスと集合写真を撮った韓国ゲスト陣
 11月30日・12月1日の2日間にわたり、シンガポールを象徴するマリーナ・ベイ・サンズで開催された「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」。日本、韓国、インドネシア、オーストラリアなど、アジア太平洋地域(APAC)のメディア関係者400人以上が参加した大規模なイベントで、韓国の存在感は別格だった。

【画像】韓国ゲストのそのほかの写真

■韓国作品で世界的成功、からのハリウッド進出

 1日目のショーケース前半(Part1)では、今年9月に米・アナハイムで開催された「D23Expo」で初公開されたディズニー、マーベル、ピクサー、ルーカスフィルムのラインアップが紹介された。そのほぼ“既報”の中で、唯一の新しい情報が、ドラマ『梨泰院クラス』や、米アカデミー賞で作品賞など4冠を達成した映画『パラサイト 半地下の家族』にも出演していたパク・ソジュンのハリウッドデビュー。マーベル・シネマティック・ユニバースの映画『ザ・マーベルズ(原題)/The Marvels』(2023年7月28日全米公開)のキャストとして、キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン、モニカ・ランボー役のテヨナ・パリス、ミズ・マーベル役のイマン・ヴェラ―ニと同等の扱いで紹介された。

 米時間11月7日にルーカスフィルム「スター・ウォーズ」の実写ドラマシリーズ『アコライト(原題)』への出演が発表されていた、ドラマ『イカゲーム』でエミー賞を受賞したイ・ジョンジェからビデオメッセージが届き、「ディズニーの仲間入りができてうれしい。ぜひとも期待してほしい」と語った。

 『アコライト(原題)』では、主演のアマンドラ・ステンバーグ(ドラマ『ヘイト・ユー・ギブ』、映画『ディア・エヴァン・ハンセン』など)の次にイ・ジョンジェの名前があり、「マトリックス」シリーズのキャリー=アン・モスの出演でも注目されている作品。ほかに、マニー・ジャシント、ダフネ・キーン、ジョディ・ターナー=スミス、レベッカ・ヘンダーソン、チャーリー・バーネット、ディーン=チャールズ・チャップマンらが出演する。

 動画配信サービスによって世界配信された作品で注目されれば、ハリウッドのグローバルなテントポール作品(映画スタジオやテレビネットワークの業績を支える番組や映画)に出演するチャンスに直結する。それを韓国のエンタメコンテンツと俳優たちが先駆けて実証してくれた。

■韓国発のエンタメコンテンツは最多13タイトル

 ショーケース後半(Part2)、日本、インドネシア、オーストラリア/ニュージーランド作品、韓国の順で、2023年にディズニープラスとDisney+Hotstarで配信予定のAPAC向けのコンテンツやオリジナル作品が発表されたが、韓国発のエンタメコンテンツはタイトル数だけでもほかの国を圧倒していた。

 日本は、『東京リベンジャーズ 聖夜決戦編』をはじめとするアニメーション5作品とドラマ3作品(『ガンニバル』、『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』『House of the Owl(原題)』)。

 インドネシアは、『ティラ(原題)』、『ウェディング・アグリーメント ザ・シリーズ シーズン2(原題)』、『リサズ・ジャーナル:フロム ダヌール ユニバース(原題)』など計6作品。オーストラリア/ニュージーランドは、『ザ・アートフル・ドジャー(原題)』と『クリアリング(原題)』の2作品。

 韓国は、ドラマ作品に加えて、BTSやNCT127などK-POPボーイズグループのドキュメンタリー作品、バラエティ番組を含む13タイトルが解禁となった(ラインナップは下段に掲載)。

 ディズニープラス オリジナルの音楽ドキュメンタリーシリーズのひとつ『BTS MONUMENTS: BEYOND THE STAR(原題)』の発表では、主人公であるBTSのビデオメッセージが用意されていた。「僕たちの成長と音楽的なストーリーを込めたドキュメンタリーです」(SUGA)、「僕たちのこれまで語ってこなかった心のうちも見ることができます」(V)と作品をアピールする映像が流れただけで、会場は華やかなムードに変わった。

 さらに、12月に配信を控えるドラマ『コネクト』『カジノ』、そして新たに発表された『コール・イット・ラブ(原題)』の主要キャスト、監督らがステージに登場し、それぞれのドラマについてコメントして、会場を盛り上げた。

 ショーケースの冒頭、主催者でもあるディズニー・カンパニー・アジア・パシフィック プレジデントのルーク・カン氏 は「『ビッグマウス』『サウンドトラック #1』『IN THE SOOP フレンドケーション』は、APACのほとんどの市場において、配信初週に最も視聴された作品にトップ3にランクインした」と、韓国発のエンタメコンテンツの実績を紹介し、「APACからのコンテンツは次の100年の中心となることだろう」と続けた。それを牽引する存在として、韓国発のエンタメコンテンツに大きな期待が寄せられているし、今回発表されたラインナップを見ると、韓国作品への信頼は維持され、さらに強化されるのではないだろうか。

■ショッピングモールに現れた韓国スターに大歓声

 1日目の夜には、マリーナベイ・サンズ内のショッピングモール「ザ・ショップス」の一角でブルーカーペットイベントが開催された。オープンなイベントではなかったため、たまたまショッピングモールにいた人たちにとっては、サプライズもサプライズ。何が始まるのかと思っていたら、チョン・ヘイン、キム・ヨングァン、イ・ドンフィら韓国スターが華やかな装いで現れたのだ。

  まず、『カジノ』のイ・ドンフィ、ホ・ソンテ、カン・ユンソン監督が登場。観客から黄色い声援を浴びたイ・ドンフィは、「このように大きく歓迎してくださり、とてもうれしいです。シンガポールの思い出が長く残ると思います」と感動するほど。

 観客から「オッパ!(お兄さん)」の声が響いたホ・ソンテは「僕のことを(シンガポールの方々が)知っていらっしゃることにとても驚きました」と笑顔。二人そろって観客の方を向き、手を振るファンサービスで、観客をさらに興奮させた。カン・ユンソン監督は「私たちの作品に関心を寄せてくださってありがたいですし、いい作品で恩返しをしたいと思います」と感謝の意を述べていた。

 続いて、仲良く腕を組み、姿を見せたのは、『コール・イット・ラブ(原題)』のキム・ヨングァンとイ・ソンギョン。この日発表されたばかりの新作なので、なぜこの2人がブルーカーペットを歩いているのか知る由もない観客たちも、スタイル抜群の美男美女カップルにうっとりするような歓声があがった。

 ブルーカーペットのトリは、チョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、キム・ヘジュン、三池崇史監督の『コネクト』チーム。ショッピングモール一帯に響き渡るような大歓声と熱烈な歓迎を受けたコ・ギョンピョは「楽しいです。このように歓迎してくださってありがたいです。(ドラマも)楽しくご覧いただけたらうれしいです」とコメント。

 白のロングドレスに身を包んだキム・ヘジュンも「このようにたくさんの方が来てくださるとは思っていなかったので、幸せです」と興奮を隠しきれない様子で語った。三池監督は「ディズニーのイベントに参加することになるとは思ってもいませんでした」と感慨深い様子で語ると、「(12月)7日にすごい作品が配信されますので、楽しみにしていてください」と、ドラマ『コネクト』への期待感をあおった。

 白のタキシードに蝶ネクタイ、黒ズボンという紳士的な装いで現れたチョン・ヘインは、イベントを見守っていた観客たちに、「このフェスティバルを最大限に楽しんでいただき、作品も観ていただけたらうれしいです」とメッセージ。さらに、日本のファンに向けて「また会いましょう!」と笑顔を見せ、颯爽とその場を後にした。

■韓国コンテンツラインナップ

★『コネクト』
 鬼才・三池崇史監督×スタジオドラゴン×新世代スター俳優チョン・へインで贈る、最強の新人類v.s.最恐殺人鬼の超過激バイオレンス・スリラー。コ・ギョンピョ、キム・ヘジュンらが共演。12月7日より全6話一挙独占配信。

★『カジノ』
 『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク、『恋のスケッチ~応答せよ1988~』で知られるイ・ドンフィ、『私の解放日誌』のソン・ソック、そして『イカゲーム』のホ・ソンテら、オールスターキャストが集結。12月21日より初回は3話まとめて独占配信(全8話)。

★『コール・イット・ラブ(原題)』
 キム・ヨングァン、 イ・ソンギョンの共演で、父親の愛人に人生を狂わされたウジュは復讐を企むが、その過程で出会い、恋に落ちた相手は父親の愛人の息子だった…。

★『ムービング(原題)』
 Kang Fullの人気ウェブトゥーンが原作。秘密工作員の両親から特殊能力を受け継いだ3人の若者の物語。リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、チョ・インソンなどが出演。

★『ザ・ワースト・オブ・イーヴィル(原題)』
 舞台は1990年代の韓国。麻薬密売のトライアングルを牛耳る悪名高い国際麻薬組織を相手に、一人の警察官パク・ジュンモがすべてを賭けて秘密裏に潜入し、地下犯罪の網を暴こうと奮闘するクライムアクションシリーズ。チ・チャンウク、ウィ・ハジュン、イム・セミらが出演。現在制作中。

★『ザ・ゾーン:サバイバルミッション』 シーズン2
 さまざまな災害をシミュレーションした仕掛けに挑戦するサバイバル・バラエティー。第1シーズンに続き、ユ・ジェソク、イ・グァンス、クォン・ユリが出演。

★ 『サウンドトラック#2』
 音楽を愛するヒョンソとスホは、大学時代からの恋人。バンドのボーカルとキーボードとして出会い、恋に落ち、6年間ほとんど毎日を一緒に過ごした。しかし、卒業後、生活に追われて疎遠になると、二人はついに別れてしまう。そして4年後、運命の再会を果たした二人は、再び愛を育むことができるのか?

★『刑事ロク 最後の心理戦』シーズン2
 引退間近なベテラン刑事キム・テクロク(イ・ソンミン)がイタズラ電話の警告通り容疑者になってしまう。テクロク刑事は最後の事件を解決することができるのか? キョン・スジン、イ・ハクジュらが続投。

★『レース(原題)』
 ある平凡な女性が、思いがけず多様性を理由に、一流の宣伝会社で採用されたのち、自分の潜在能力を開花させるというサクセスストーリー。出演は、イ・ヨニ、ムン・ソリ、ホン・ジョンヒョン、チョン・ユンホ。

★『SUPER JUNIOR: THE LAST MAN STANDING』
 2005年11月6日、K-POPグループ、SUPER JUNIOR 05がデビュー。アジアで頭角を現した後、SUPER JUNIORとして急成長し、世界中の観客を驚かせることに成功した。彼らの舞台裏に迫り、現代のK-POP界の新たな一面を惜しみなく披露する。

★『NCT127 THE LOST BOYS(仮題)』
 ボーイズグループNCT127が2022年から23年にかけて北米、韓国、日本、そして東南アジアを巡回するワールドツアーを記録したドキュメントシリーズ。メンバーのMARK、JOHNNY、YUTAのストーリーテリングとともにグループの成長と成功を考える。

★『J-HOPE SOLO DOCUMENTARY(仮題)』
 POP界のスーパースター、J-HOPE が最近リリースしたソロアルバムまでの道のりを追ったドキュメンタリー。J-HOPEの初公開インタビュー、ソロアルバムの準備過程の舞台裏のほか、22年に行われた音楽フェスティバル「ロラパルーザ」でのステージ、アルバム視聴パーティの様子などを収録。

★『BTS MONUMENTS: BEYOND THE STAR(原題)』
 21世紀を代表するKポップスター、BTSの旅を描く、ディズニープラス、オリジナルの音楽ドキュメンタリーシリーズ。過去9年間に及ぶ膨大な数の楽曲と映像の中から、第2章に向けて動き出したBTSのメンバーの日常、想い、そして計画に焦点を当てる。
公開:2022-12-04 11:00
更新:2022-12-04 18:04
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場
[PR]
[PR]
[PR]