2022年12月5日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

川口春奈&目黒蓮『silent』初回から“切なすぎる再会”に反響「涙が止まらない」

木曜劇場『silent』第1話より(左から)川口春奈、目黒蓮 (C)フジテレビ
 俳優の川口春奈が主演し、Snow Manの目黒蓮と共演するフジテレビ系連続ドラマ『silent』(毎週木曜 後10:00)第1話が6日、放送された。川口演じる主人公の青羽紬が、かつて本気で愛した恋人である目黒演じる佐倉想と、音のない世界で“出会い直す”というラブストーリー。初回から2人の“切なすぎる再会”に、SNSでは数多くの反響が寄せられた。

【写真】鈴鹿央士が川口春奈を見つめ…寄り添って歩く2人

※以下、第1話ネタバレを含みます

 第1話は高校時代の、雪の降る日の紬と想の会話から始まる。静かな世界で他愛もない会話をする2人は、付き合っていて、互いを大切に思いながらかけがえのない時間を過ごしていた。時は流れて8年後、紬は大型CDショップで働き、大好きな音楽に囲まれながら、幼なじみの湊斗と幸せな日々を送っていた。

 かつての声と紡ぐ言葉に引かれた紬。2人は音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなり引かれ合うも、大学進学後、紬は想から「好きな人ができた」と一方的に別れを告げられていた。何が理由なのかもわからないまま振られた紬は、現在、湊斗との将来を考えながらも心残りを感じていた。そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。

 終盤、ついに運命のいたずらで、紬と想が再会。明るく話しかける紬だが、手話を介して「声で話かけないで」「うれしそうに笑わないで」と紬を拒否。想は泣きながら、卒業後に病気が発覚し、3年前に聴力を完全に失ってしまったことを打ち明けるが、手話を知らない紬には伝わらない。想は紬のことが好きだからこそ別れを選んだのだった。

 これにSNSでは「しんどすぎる」「苦しい辛い」「涙が止まらない」「これは泣いてしまう」「1話から泣いた」と感情移入する声が相次ぎ、ツイッタートレンド1位を獲得。初回から一筋縄ではいかないけども儚(はかな)く、美しい恋物語に入り込む視聴者が続出した。
公開:2022-10-06 23:24
更新:2022-10-06 23:24
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩
[PR]
[PR]
[PR]