2022年11月30日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

日向坂46佐々木久美“ハリウッド女優”に憧れ 高本彩花&東村芽依に「ボンドガール」伝わらず

『日向坂映画祭 VOL.2』舞台あいさつに登壇した日向坂46(左から)高本彩花、佐々木久美、東村芽依 (C)ORICON NewS inc.
 アイドルグループ・日向坂46の佐々木久美、高本彩花、東村芽依が6日、都内で行われた日向坂46ドキュメンタリー映画上映『日向坂映画祭 VOL.2』舞台あいさつに登壇した。

【写真】ボンドガールのマネをする佐々木久美

 イベントでは、2020年8月に公開されたドキュメンタリー映画第1弾『3年目のデビュー』と今年7月公開の第2弾『希望と絶望』を上映。“映画祭”にちなみ、映画出演への意欲を聞かれた佐々木は「やっぱり夢は大きくハリウッド。私は『スター・ウォーズ』も大好きなのでジェダイになりたいですし、『007』に出てボンドガールにもなりたいです。夢はでっかく!」と掲げた。

 しかし、司会から“無反応”を指摘された高本と東村に佐々木は「多分ボンドガール知らないです」と苦笑。高本は「スター・ウォーズはわかります」とピンときていないようで、佐々木は「1回楽屋で『ジェームズ・ボンド』って言ったんですけどまったくウケなかった」と嘆き、新たに加入する4期生には「しっかり教え込みたいです」と意気込んでいた。

 高本は「私はゾンビになりたいです。元は人間でゾンビになってく、とかホラー系に興味があります。最近ゾンビに触れ合いまして…興味があります」と回答。先日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに東村と遊びに行ったこともあり、「ゾンビに会いに行きました。ゾンビ映画に出たい気持ちになっちゃいました」と意欲をみせた。

 これに東村は「いいと思います。できると思います。いっぱい見てきたので」とマイペースに応援。東村自身はかなり迷った末、佐々木の提案により“『SASUKE』の映画”ということに。ストーリーは「お任せします」とほほえんでいた。
公開:2022-10-06 20:23
更新:2022-10-06 20:24
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場
[PR]
[PR]
[PR]