2022年12月1日(木)
山形新聞ロゴ
[PR]

A.B.C-Z戸塚祥太、浦陸斗の純粋さで“浄化”を実感「はっしーよりも若返っているかも」

舞台『今度は愛妻家』取材会に出席した(左から)浦陸斗、黒沢ともよ、戸塚祥太、三倉佳奈、渡辺徹 (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・A.B.C-Zの戸塚祥太、関西ジャニーズJr.AmBitiousの浦陸斗が6日、東京・よみうり大手町ホールで上演される舞台『今度は愛妻家』公開ゲネプロ前取材会に出席した。

【写真】フレッシュな笑顔で手を振るAmBitious・浦陸斗

 今作は日常によくいるダメ男、ダメ女たちが織りなすカラッと笑えてホロッと泣けるストレートプレイ。2010年に公開された映画版では行定勲監督、豊川悦司と薬師丸ひろ子が夫婦役を演じ、舞台としては8年ぶりの上演となる。戸塚は、かつての売れっ子カメラマン・北見俊介を、浦はそのアシスタント・古田誠を演じている。この日は三倉佳奈、黒沢ともよ、渡辺徹も参加した。

 初共演となる2人だが、浦が「戸塚くんの方から声をかけてくださったので、関西の先輩よりもしゃべりやすいかも」とぶっちゃけると、しゃべりにくい先輩”について報道陣から突っ込まれ、戸塚から「(Aぇ! groupの)小島(健)くんとかより僕のほうがしゃべりやすい?」とイジりられる場面も。

 その一方で、戸塚は「本当に20(歳)離れているのを感じさせないくらい大人。楽屋も一緒なのでAmBitiousの映像を観ながら緊張を紛らわせてもらいました。浦君がしっかり動画を持ってるんです。どんどんAmBitiousに詳しくなっていこうかな」とすっかりお気に入り。稽古中はマスクをしていたことから「こうやってマスクをとった顔は、きのうが初めて。すっごいさわやかだな。目元と声のトーンだけでずっとイノセントさを感じていた。体の中が浄化されてる。若返っちゃうかも…もしかしたらはっしー(橋本良亮)よりも若返っているかも」と笑わせた。

 外部舞台初出演となる浦は「まず今までいた世界の狭さを知りました。一気に視界が広がって。この1ヶ月夢中で、日々がすぎるのが早かったです。お芝居に入る前、台本を読むところから世界観が変わりました。書いていないところも想像して作り上げると気づいてから、ぐっと世界観が変わりました」と刺激的な毎日に充実の表情。これに、渡辺は「浦くんってこんなに話すんだね」と驚き、三倉も「アイドルでしたね」と感心。浦は「もっとアイドルだすべきでしたね」と苦笑していた。
公開:2022-10-07 04:00
更新:2022-10-07 04:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場
[PR]
[PR]
[PR]