2022年10月6日(木)
山形新聞ロゴ
[PR]

THE RAMPAGEの“スリボ”川村壱馬&吉野北人&RIKU、『ViVi』表紙に初登場 妖艶すぎて「やばい…!」

『ViVi』10月号特別版表紙を飾るTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE(左上から時計回りで)吉野北人、川村壱馬、RIKU
 ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬、吉野北人、RIKUが、23日発売のファッション誌『ViVi』特別版(講談社刊)の表紙を飾る。

【写真】”秋コーデ”で通常版表紙を飾ったmiu&藤田ニコル

 発売後にすぐに完売し、問い合わせが殺到した川村×吉野の“かずほく”表紙から約1年。RIKUを加えたTHE RAMPAGEのボーカル3人、通称“スリボ”が『ViVi』の表紙に初登場する。

 最初に撮影現場に現れた川村壱は「おはようございます」とあいさつしながらも、頭はまだ起きてない様子。そこへ吉野がニコニコと合流し、最後に入ってきたRIKUはスーパー元気で「きょうの撮影、めっちゃ楽しみだったんです!!」と張り切った。

 準備が完了すると、川村は完全に“川村壱馬”の姿に。最初は露出が高めなセクシーカットの撮影で、ファンの気持ちを代弁した担当編集からのポージング指導にも難なく応じた。セクシーすぎてスタッフが「や、やばい…!」と漏らしたほど。

 また、スペシャルゲストとしてドーベルマンのNINAちゃんが登場し、犬好きのスリボは「かわいい~」とメロメロ。撮影が終わるたびにNINAちゃんのところへ行き、一番夢中になっていたのは吉野で「癒される~」と何度もなでなでしていたという。

 インタビューでは、RIKUが鍛え抜かれた肉体にさらっとシャツを羽織るだけスタイルとなり、そのボディにどこを見ていいか悩んでしまったとスタッフたち。RIKUが帰ってから、「筋肉が綺麗すぎる!」「いいカラダすぎる!」とわいた。

 3人の信頼関係が垣間見えたトークでは、RIKUが「グループの中でもスリボが一番負けず嫌い」と明言。吉野が「想像で話すしかない」と答えた恋愛トークや、川村が「話せないことも多々あります」と冗談めかした悪ガキトークなど、中ページも盛りだくさんの内容となる。
公開:2022-08-16 09:41
更新:2022-08-16 09:46
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]