2022年10月7日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

渡邊圭祐がドラマ初主演で“凡人”役に挑戦 ゲーム開発会社舞台の漫画『チェイサーゲーム』を実写化

9月8日スタートのテレビ東京・木ドラ24『チェイサーゲーム』で主演を務める渡邊圭祐(C)「チェイサーゲーム」製作委員会
 俳優の渡邊圭祐が、9月8日スタートのテレビ東京・木ドラ24『チェイサーゲーム』(毎週木曜 深0:30)でドラマ初主演を務めることが決定した。

【写真】奥野壮へ誕生日ケーキを「あ~ん」する渡邊圭祐

 本作は松山洋氏の同名漫画が原作。『NARUTO-ナルト-ナルティメット』シリーズや『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』など数々の人気作の開発を手がけたゲーム会社・サイバーコネクトツーが制作し、「読むと胃がキリキリと痛くなる」とゲーム関係者から言われ続けた同作が待望の実写化を実現した。

 渡邊が演じるゲーム開発会社「ダイナミックドリーム」で働く主人公・新堂龍也は、入社9年目にして中間管理職のプレイングマネージャーへの昇進を果たす。しかし、やる気に満ちあふれる龍也を待ち受けていたのはひと癖もふた癖もあるメンバーばかり。もうすぐ発売の新作ゲームが、主役声優のパパ活疑惑で大幅な変更を迫られたり、発注元のプロデューサーのパワハラに悩まされたりと問題は尽きない。理想と現実のギャップに徐々に悩み始めた龍也はある決断をする。

 渡邊は「とてつもなくゲーム開発会社のリアルに寄り添っているであろう原作の実写ということで、心は躍りましたが、現実味のある物語だからこそワクワクする展開は多くはないかもしれません」と心境を語った。続けて「ただ、リアリティあふれる物語なぶん、たくさんの個性あふれるキャラクターのみなさまが彩ってくださっています。そんな同僚に振り回されながら、葛藤して成長していく凡人・龍也をご一緒に見守っていただけるとうれしいです」と意気込んだ。

 監督・脚本・プロデューサーを務める太田勇氏は渡邊について「以前、別の現場で一緒になったのですが、キラキラとした見た目とは裏腹にとにかく普通の感覚を持っている方で、ずっと気になる存在でした。主人公・龍也は凡人です。そんな龍也を渡邊くんであれば、自分ごとに置き換えて演じてもらえると思い、オファーさせていただきました」とキャスティングの理由を明かした。

 松山氏は「原作者として脚本家・監督と一緒に何度も打ち合わせを重ねた上で作り上げた(最適化された)脚本になったと思います」と実写化への期待を語り「予備知識がなくてもゼロから楽しめる『お仕事ドラマ』になっていると思いますのでぜひ楽しんでください。『観ると胃が痛くなるゲーム業界お仕事ドラマ』発進です!」と呼びかけた。
公開:2022-08-09 06:00
更新:2022-08-24 16:50
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ
[PR]
[PR]
[PR]