2022年10月7日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

キンプリ高橋海人、兄役・横浜流星の支えに感謝「ハグしてくれた」

『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつに登場した(左から)高橋海人、竹内涼真、横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・King & Princeの高橋海人(高=はしごだか/23)が8日、都内で行われた映画『アキラとあきら』(26日公開)完成披露舞台あいさつに登場した。

【写真】今作が初共演!仲良しエピソードを明かしたW主演の竹内涼真&横浜流星

 同作は、『半沢直樹』『陸王』などのベストセラー作家・池井戸潤氏原作。家柄も育ちも違う2人のアキラと、情熱と信念だけを武器に社会に立ち向かう若き銀行員たちの物語で、竹内涼真と横浜流星がダブル主演を務める。高橋は、横浜演じる階堂彬の弟・階堂龍馬役で、苦悩と重圧を抱えた若き社長を演じる。

 高橋は「池井戸さんの作品、そしてこの豪華キャストの中に入らせていただくということで毎日緊張していたんですが、流星くんと監督が僕を支えてくれて、自分の中で頑張れたなと思います」と撮影を振り返る。

 撮影で最も緊張していたシーンでは、高橋自身「うまくできるかな」と不安だったそうだが、横浜が「2人きりにしてください」と時間を取ってくれ、撮影後にはハグもしてくれたと明かす。

 横浜は「大事なシーンだったんですが、海人くんはすごい気づかいの人だから、周りの目とか時間を気にしちゃうのかなと思った」といい、「集中してもらうために、海人くんが落ち着いてからやろうと提案させてもらった。そしたら結果いいシーンになったので良かったです」と当時の思いを語った。

 この日は、高橋のほか竹内、横浜、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介、三木孝浩監督も登場した。
公開:2022-08-08 19:55
更新:2022-08-09 10:17
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩
[PR]
[PR]
[PR]