2022年9月25日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

東映太秦映画村に幻想的な“夜の遊郭”が登場 限定ナイトイベントで艶めかしい花魁道中も

東映太秦映画村『まぼろし遊郭、あかり物語~夏ノ夜遊ビ~』より
 京都の東映太秦映画村で、夏のナイトイベント『まぼろし遊郭、あかり物語~夏ノ夜遊ビ~』が6日に開幕した。21日までの計10日間限定(8月6日・7日・11日~16日・20日・21日)で、幻想的な江戸の遊郭を模した風景が楽しめる。

【写真多数】『鬼滅』コラボも! 艶めかしい花魁道中など映えスポット多数

 イベントでは、灯りをともした和傘が象徴的な「和あかり通り」をはじめ、無数の風鈴が涼しげな音色を奏でる「風鈴通り」、夏の夜ならではの肝を冷やすような「あやかし通り」「おそろし通り」、さらに「遊郭通り」「おいらん通り」「藤の抜け道」の七つの通りが出現。幻想的なナイトアアップで、どこを見ても“映えスポット”となる。

 特別演出の「幻想おいらん道中」では、華やかな花魁3名による花魁道中が実現。特殊効果や足元を照らすプロジェクションマッピングを織り交ぜ、魅惑の世界に誘う。午後4時から入場できるお得なナイトイベント入村券も用意される。

 このほか、『鬼滅の刃 遊郭編』の世界が楽しめるコラボイベント『鬼滅の刃 京ノ御仕事 参』も実施中で、ナイトイベント中は遊郭がより幻想的な雰囲気になる。また、巨大使徒2体のスプラッシュ攻撃でびしょ濡れになり楽しめるライブショー『スプラッシュ!エヴァンゲリオン京都基地2022/エヴァンゲリオン特効ショー』は、夜ならではの照明効果で迫力倍増となる。
公開:2022-08-08 16:50
更新:2022-08-09 15:12
ギャラリー
[PR]
[PR]
ヤマガタデジタルニュース
[PR]
[PR]
[PR]