2022年9月25日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

醍醐虎汰朗主演、映画『野球部に花束を』地獄の5時間耐久ノック本編映像

映画『野球部に花束を』(8月11日公開) (C)2022「野球部に花束を」製作委員会
 甲子園を夢みる高校球児たちの日常を描く、野球部あるある、思春期あるある満載の映画『野球部に花束を』(8月11日公開)より、野球部の伝統である恒例行事“引退ノック”の様子を切り取ったシーンの本編映像が解禁となった。

【動画】地獄の5時間耐久ノック 本編映像

 主人公の黒田鉄平(醍醐虎汰朗)は野球部へ入部早々、気合を入れて染めた髪を先輩部員に無理やり刈られ丸坊主、厳しい鬼監督からは問答無用でキャッチャーを命じられたり、と理不尽な圧力に振り回される野球部生活が始まる。

 鬼の原田監督(高嶋政宏※高=はしごだか)からはパワハラに近いプレッシャーを受け、先輩からは奴隷のように扱われる日々を送っていた黒田(醍醐)をはじめ、桧垣(黒羽麻璃央)、亀井(駒木根隆介)、薫田(三浦健人)、森(市川知宏)たち1年生だったが、やがて彼らも2年生になる時が! しかし、その前に乗り越えなければいけない先輩を送り出す地獄の恒例行事があった…。

 解禁となった映像には、原田監督と、監督の前に軍隊のように整列した野球部員たちの姿が。「恒例行事、やるぞ。4時間だな」という監督の声に、どこからともなく聞こえてくる「4時間…」と呟く、震える声…。それを聞いた監督はその弱気な2年生に詰め寄り、もの凄い剣幕で「5時間!」と言い放つのだった。

 状況を理解できてない1年生たちは、恐れ慄(おのの)く先輩たちの様子に困惑しながらも駆け足でついていく。そして配置につくと、キャプテンから「3年生からのせん別だ! 今から日が暮れるまで魂込めて引退ノックを打たせていただきます」と地獄の5時間耐久ノック開始が叫ばれた。

 先輩たちから放たれる魂がこもったボールに必死に食らいつき泥だらけになる後輩部員たち、黒田もボールに向かってダイブ! 先輩から声が小さいと怒鳴られても、以前のようにビクビク怯える様子はなく「はい!」と全力で返事する黒田。日が暮れた頃には、再起不能な程ヘロヘロになりグランドに倒れ込む後輩たちだったが、成長も垣間見えるシーンとなっている。

公開:2022-08-08 17:00
更新:2022-08-09 13:01
ギャラリー
[PR]
[PR]
ヤマガタデジタルニュース
[PR]
[PR]
[PR]