2022年9月25日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

元花組トップスター・真飛聖『競争の番人』で女帝を熱演 萩原みのりはフジドラマ初出演

15日放送の『競争の番人』に出演する(左から)真飛聖、萩原みのり(C)フジテレビ
 俳優の坂口健太郎と杏がW主演を務める、フジテレビ系“月9”『競争の番人』(毎週月曜 後9:00)の第6話(15日放送)に、真飛聖、萩原みのりがゲスト出演することが8日、決定した。真飛は、いくつもチェーン店を持つ大手の呉服店「赤羽屋」の社長・赤羽千尋(あかばね・ちひろ)、萩原は若者向けのオシャレでライトな和服が並ぶ呉服店「ファイブシーズン」の社長・井手香澄(いで・かすみ)をそれぞれ演じる。

【画像】艶やかな着物姿を披露した真飛聖

 第6話では、ダイロクの元に大手の呉服店「赤羽屋」が新たな店が新規参入しようとしても、妨害する「私的独占」を行っているとの情報提供があり、赤羽屋の社長・千尋(真飛)を調査する。「赤羽屋」が私的独占を行っているという情報提供をしたのが香澄(萩原)。そんな香澄は以前「赤羽屋」で千尋の部下として働いていたが、千尋の厳しいやり方についていくことができずに会社を辞めて独立する。

 「赤羽屋」で扱う商品は富裕層に向けたものが多く、そことの差別化を図るために香澄が経営する呉服店「ファイブシーズン」は、比較的リーズナブルな価格で若者をターゲットに経営戦略を立てている。かつて2兆円市場といわれた着物業界も今ではその6分の1程度。時代の変化とともに、業界の変化も求められていた。そんな中で奮闘していた香澄だが、経営が軌道に乗りかけた矢先に、職人たちから次々と契約を切られるようになってしまう。

 千尋が方々に圧力を掛けている疑いがあるということで、ダイロクが千尋に事情聴取することに。今回の案件でやけに気合が入っている桃園千代子(小池栄子)。実は、千尋は過去にも「私的独占」で公取委の調査対象になっていたことがあり、当時桃園は千尋の「私的独占」を立証できなかったのだ。桃園にとって因縁の相手となる千尋にリベンジする機会となる。事情聴取での桃園VS千尋の壮絶な舌戦が繰り広げられるシーンは必見だ。

 同作は、坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく“凸凹バディのエンタメ・ミステリー”。

■各コメント

真飛聖
「私は“赤羽屋”という呉服店の社長をやらせていただきます。台本を読ませていただいて、まず、過去がありその経験を活かしての今があるという彼女の芯の強さ、見えにくい愛情深さを感じました。その表現の加減が難しいなとは感じましたが、すてきな共演者の方々、そして、信頼している相沢監督に引っ張っていただき、楽しく演じさせていただきました。記念すべき月9初出演!!どうぞ、お楽しみに!!」

萩原みのり
「呉服店“ファイブシーズン”という自分のお店を立ち上げ、自分のお店らしさを追求する為に、着物業界全体をもっと良くする為にと、とにかく一生懸命頑張る香澄の真摯(しんし)さと、真っ直ぐすぎるが故の不器用さを、視聴者の方々に少しでも温かい気持ちで見守っていただけるといいなという思いで演じました。あの時見ていた背中を、憧れていた先輩を、皆さんにも少し思い返していただけるような回になっていたらとてもうれしく思います」
公開:2022-08-08 17:00
更新:2022-08-08 17:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]