2022年8月9日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

香取慎吾、明石家さんまと7年ぶり共演 『明石家紅白!』出演者6組発表

7月9日放送『第11回明石家紅白!』場面写真 明石家さんまと香取慎吾が7年ぶり共演(C)NHK
 明石家さんまが司会を務めるNHK総合の音楽特番『第11回明石家紅白!』が7月9日(後7:30~8:48)に放送されることが決定し、出演アーティスト6組が発表となった。

【写真15点】郷ひろみをイメージして制作した「今夜最高ね」を披露する香取慎吾

 白組の香取慎吾はさんまとは7年ぶりの共演。知られざる2人の関係性からコンサートでの共演裏話まで、貴重なエピソードが続々と飛び出す。香取は、郷ひろみをイメージして制作したという楽曲「今夜最高ね」のパフォーマンスも披露する。

 デビュー50周年を迎えた郷ひろみは、さんまとは同い年。オンとオフの切り替え方をトークし、さんまが大好きな「よろしく哀愁」を歌唱する。

 メンバーの変更や不遇な時代を乗り越え、デビュー25周年を迎えたDA PUMPは「U.S.A.」を披露して盛り上がる。また、デビュー当時からグループの中心メンバーとして支えてきたISSAに対し、メンバーが「唯一、直してもらいたいこと」とは?

 紅組は、デビュー30周年を迎え、バラエティーでも活躍する大黒摩季が、さんまに老後の悩みを真剣相談(!?)。実は逆ギレして作ったという大ヒット曲「夏が来る」の制作エピソードにさんまは大爆笑する。

 昨年、念願の本家『NHK紅白歌合戦』初出場を果たしたBiSHは、2023年をもって解散することを表明している。解散までの過ごし方から芸能界の生き残り方まで、大先輩たちがアドバイス。紅白でも歌った「プロミスザスター」をパフォーマンスする。

 結成10年の緑黄色社会は、初対面のさんまに男女グループならではの悩みを相談。その微妙な関係性にさんまが迫るほか、メンバー4人で作った「キャラクター」制作秘話も明かす。
公開:2022-06-30 20:00
更新:2022-06-30 20:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]