2022年7月1日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

『SPY×FAMILY』作者、星野源が描いたイラストに驚き ロイドたちの姿に「ちゃんとしてる…!」

星野源【撮影:KOBA】 (C)ORICON NewS inc.
 人気漫画『SPY×FAMILY』の作者・遠藤達哉氏が29日、自身のツイッターを更新し、歌手・星野源が描いたイラストに反応した。

【画像】作者&アーニャが驚き!ヨルさんの体が…星野源が描いた「SPY×FAMILY」イラスト

 これは、テレビアニメ『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)の公式ツイッターが28日に更新され、エンディング主題歌を担当している星野源が描いた同作のメインビジュアルが公開されており、主人公・ロイドたちが描かれている。これに遠藤氏は「おもってたより ちゃんとしてる…! じょうほうってなに」と驚いたアーニャのイラストを投稿した。

 星野がイラストを描いた経緯としては、10日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)で、ゲスト出演した江口拓也、種崎敦美、早見沙織から同作のイラストを書いてほしいとお願いされていたもので、その企画が実現。

 また、キャスト3人が描いたフォージャー家のイラストが公開されると大きな話題となっており、ラジオでは種崎が「(星野が)フォージャー家を描いてほしいですね!」と要望を出すと、星野は「いつか描きますよ」と約束。3人が描いた絵は元々、モノクロだったが、プロの人がカラー付けしたものが公式ツイッターで投稿されており、早見は「なので、どうなっても大丈夫です!」と力を込めてフォローしていた。

 同アニメは、より良き世界のため日々、諜報任務に取り組む凄腕スパイのロイドが主人公。そんな彼の元に特殊任務(ミッション)が届く。それは「家族を作り、とある名門小学校に潜入すること」で、そのために引き取った子ども・アーニャは超能力の持ち主、契約結婚を持ちかけた妻・ヨルは殺し屋という、任務のために“かりそめの家族”をつくり、ミッションに挑むスパイアクションコメディー。

 原作の漫画が少年ジャンプ+で連載されており、コミックス累計発行部数は1800万部を突破している人気作品で、アニメの出演キャストは江口(ロイド・フォージャー役)、種崎(アーニャ・フォージャー役)、早見(ヨル・フォージャー役)。
公開:2022-05-29 13:14
更新:2022-06-01 16:06
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]