2022年7月1日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

よゐこ濱口優、久々の「獲ったどー!」 『冒険少年』の「脱出島」あばれる君と名勝負

30日放送のバラエティー『アイ・アム・冒険少年』3時間スペシャルで、よゐこ濱口優とあばれる君の対決が実現(C)TBS
 30日放送のTBS系バラエティー『アイ・アム・冒険少年』3時間スペシャル(後7:00)では、4ヶ月ぶりに「脱出島」を実施。記念すべき対戦に“元祖サバイバル芸人”よゐこ・濱口優が参戦し、あばれる君との勝負を繰り広げる。

【番組カット】あばれる君と名勝負を繰り広げる濱口優

 4ヶ月ぶりの放送となる今回の「脱出島」は、島を脱出して4キロ先のゴールにたどり着くまでの時間を競う。水と食料を除くアイテムを45リットルのバックパックに詰めて持ち込むことができる「ワンバッグシステム」を、いかに知恵を絞り活用するかが勝負の行方を左右する。島で水と食料をどのように確保するのか、そして脱出するためのイカダや船をどんな材料でどんな形で作るのかが見どころだ。

 1人目の挑戦者は、4月4日放送で「脱出岬」に挑んだ濱口。伝説のサバイバル芸人が初の「脱出島」に挑む。濱口を迎え撃つ2人目の挑戦者は、16回目の「脱出島」挑戦となる絶対王者・あばれる君。子どもの頃から憧れていた濱口を前に、今回はどんなサバイバル術が飛び出すのか。そして3人目の挑戦者として、新旧サバイバル芸人の間に元国民的アイドルNが割って入る。

 濱口、あばれる君がコメントを寄せた。

■濱口優
念願の「脱出島」ロケは、とにかく楽しかったです。それと同時にめちゃくちゃ不安もありまして。ホンマにできんのかなぁとか。モリ突きもやらせていただきましたけど、オレ、ちゃんと突けるかなぁと。メチャクチャ不安だったんですけど、最初に突けたときはうれしかったですね。「獲ったどー!」久しぶりに言いました(笑)。
僕はこれまでのサバイバルで“脱出”ということを考えたことがなかったんで、正直「脱出? まあ乗って漕いでパーッと行ったら着くやろ」くらいに軽く考えていたんです。で、初日に軽く漕いでみたら全く進まへん。そして翌日一日かけてゴールまで渡り切るという時に、何回も「あばれる君はこんなに大変なことを何度もやっているの!?」という考えが頭をよぎりました。あばれる君はすごいですね!!
実は、本格的な火起こしは初体験でした。(水の)ろ過もそうですけど、やったことのないことがいっぱいあって、とにかくそれが新鮮で面白くて。火はマジで感動して、世界で初めて火を起こした人間は涙を流して喜んだんだろうなとか、それくらい感動がありました(笑)。
僕もあばれる君も子どもたちへの目線を持っているのは共通しているんですけど、「僕も私も島に行って濱口みたいなことをやってみたい!」と思ってくれたらいいですね。今回は頑張る姿、諦めない姿勢を感じて欲しいです! もし呼んでいただけるなら「脱出島」にはまた行きたいです。そしてまたあばれる君と対戦したいです。次回は岡村隆史とタッグを組んで脱出します!

■あばれる君
今回は特別な思いで臨みました。誠心誠意、精いっぱいやりました。濱口さんは純粋にお笑い芸人として面白くて、周りの人を笑わせる力がすごいなと思いました。いるだけで島全体が明るくなっていた。「あれ? 街灯あったっけな?」と思うくらい、濱口さんの力を感じました。火を起こした時は濱口さんの顔全体に喜びがあふれていました。火が付いた瞬間って、ライオンのように叫んじゃうんですよ!
僕から濱口さんにアドバイスするとしたら、泳ぐときは服を脱いだ方がいいですよ。服は水を含むと何倍にも重くなっちゃうんで、重りを持った人がテニスをするくらいの効率の悪さです。服を脱いでいたらもっと早く進んでいたと思いますよ、サバイバルテクニックです。16回目の挑戦にしてこれ以上ないくらい全てを出し切ったのでぜひ見てください。そして濱口さんとはまた対戦したいですね。濱口さんが岡村さんと組んで脱出するなら、僕は有野さんと組ませてください!!
公開:2022-05-29 12:00
更新:2022-05-29 12:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]