2022年7月7日(木)
山形新聞ロゴ
[PR]

西野七瀬&神尾楓珠“3分見つめ合い”で年の差なくしタメ口に「すぐ仲良くなれた」

「すぐ仲良くなれた」という(左から)神尾楓珠、西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の神尾楓珠(23)、西野七瀬(27)、小林啓一監督が16日、都内で行われた映画『恋は光』(6月17日公開)完成披露試写会イベントに登場。撮影エピソードのほか、「恋」の定義を探求していく本作にちなみ、神尾と西野が「恋」についての考察を語った。

【動画】西野七瀬、映画館デートを誘われた時を妄想!?客席のファンに向かって「え?ってなるよね?」

 本作は、秋★枝による漫画『恋は光』(集英社ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)を、映画『ももいろそらを』『殺さない彼と死なない彼女』などの小林監督が実写化。“恋をしている女性が光を放ってキラキラして視える”という特異な体質を持つ男子大学生・西条(神尾)の初恋を描く。西条に長年思いを寄せる幼なじみ・北代(西野)は、西条から「光っていない」と言われ続けてしまうなど、“恋の光”が見えるからこそ切なくて苦しい恋愛模様が繰り広げられる。

 西野と初共演の神尾は、「(西野が)歳上なんですけど、すごい空気感が同じというか似ていて、撮影現場で気を使わずにいれました」と役では幼なじみの2人の雰囲気をすぐ作れたと明かす。西野も「年下だったから、どうやって接したら…と不安だった」と初対面の心境を打ち明けるも「年齢を全く感じないくらいに接してくれて楽でした」と撮影期間を振り返った。

 すぐに仲良くなれたきっかけは監督のトレーニングだったという2人。小林監督は「3分間、目を見つめ合って、架空の過去を語り合うという”ラブシーンのメソッド”があるんです」と監督ならではの技を明かす。西野は終わった後に、自分から「タメ口にしよう!」と言い出したと話し、神尾も「いいよ~」とすぐに受け入れていたと撮影秘話を語った。

公開:2022-05-16 19:36
更新:2022-05-17 16:29
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]