2022年1月28日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

藤岡弘、仮面ライダー1号抜てきの長男に“変身ポーズ”伝授「しっかり指導しました」

長男に“変身ポーズ”を伝授したと明かした藤岡弘、 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の藤岡弘、そして天翔愛、天翔天音、藤岡舞衣ら“藤岡ファミリー”が9日、都内で行われたキングソフトグループ『法人向け新サービス記者発表会』に登壇した。17日公開の仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)では、かつて自身が演じた仮面ライダー1号/本郷猛役に息子・藤岡真威人が抜てき。「いやぁ、不思議な気がしますね。50年前の自分をまさか私の息子が演らせてもらうのは奇跡」と噛み締めた。

【全身ショット】スタイル抜群な藤岡ファミリー

 長男へのアドバイスとして「まだ17歳なので心配なところもあるんですが私が演ったときの変身ポーズは、息子にしっかり指導しました。やっぱり仮面ライダーを演る責任を、私の持っていた思いを伝えて、なんとか頑張ってもらえるように指導しました」と笑顔。

 さらに「アクションも、幼い頃から武道をやらせていたので、なんとか柔道・空手と指導してきたおかげで、こなすことができてなんとかなったかな」と上機嫌。3姉妹が公開を「楽しみだね」「すごい」と顔を見合わせると、「4人とも武道をさせていて日本の伝統の礼儀・礼節を身に着けたらいいかなと思いまして」と胸を張った。

 イベントでは4人を「新しい働き方デジタル改革大臣」として任命。大臣に愛、副大臣に天音と舞衣、そして藤岡は仮面ライダーにちなみデジタル“改造”大臣として任命証を受け取った。経営者でもある藤岡だが、デジタル機器の扱いについては「ついていけないので子供たちに頼ることも多い。時代に即応しなければと戦っております。進化が早いので、ついていけない。このスピード感は大変」とタジタジに。

 愛は「よく戸惑っているところを見る」といい、天音も「使い方をおしえてあげたりとか」あい「ボタンがいっぱいあるとわからないみたいで『このボタンはなんなんだ』とか」と父の“弱点”も暴露。藤岡は「長男の真威人はデジタル機器に巧みなので、教わっているんですがなかなか難しい。やらねばならないので一生懸命、奮闘しています」と苦笑していた。
公開:2021-12-09 15:00
更新:2021-12-09 15:03
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]