2022年1月28日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

パンサー向井、渾身の「はにゃ?」顔 2021年は「ガリのような1年」

「はにゃ?」を披露したパンサー・向井慧 (C)ORICON NewS inc.
 お笑いトリオ・パンサーの向井慧が8日、都内で行われたくら寿司『事業戦略発表会』トークセッションに登場。山之内すずと「Z世代のワードを使った食レポ対決」を行った際、渾身の「はにゃ?」顔を披露した。

【写真】緑がいっぱい?パンサー・向井慧が考案したクレープ

 相方の尾形貴弘から「食レポですから。食べてからワードを出さないと…」とツッコミを入れられたが、向井は「これ、食べさせてもろて。すっごいおいしいでやんす」と小気味良く“Z世代ワード”を連発。尾形が「江戸っ子みたいになってない?」と投げかけると、向井は「緊張しすぎて、メンタルもたないですよ」と照れ笑いを浮かべた。

 「自身の今年を寿司ネタに例えると?」という大喜利のような質問には「ガリみたいな1年な気がします。尾形さん、菅(良太郎)さんといったいろんな濃い味のところで、ちょっとさわやかに口直し。尾形さんがスベった後の口直しをしてもらうっていう1年だったなと」とニヤリ。「絶対にお寿司屋さんにある、そういう存在になりたいなという思いも込めました」と、かみしめるように語っていた。

 同社では、グローバル旗艦店の第3号店として、大手外食チェーン初の「Z世代向け店舗」となる「くら寿司 原宿店」をオープン。“世界一映える寿司屋”を目指し、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏がプロデュースを手がけ「日本の伝統文化×トウキョウ・ポップカルチャー」をコンセプトに、インテリアデザインを行った。
公開:2021-12-08 13:19
更新:2021-12-08 13:26
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]