2022年1月28日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

高橋文哉、医療ドラマ初挑戦 浜辺美波主演“月10”『ドクターホワイト』で愛されキャラ【コメントあり】

高橋文哉、医療ドラマ初挑戦 『ドクターホワイト』に出演(C)カンテレ
 俳優の高橋文哉が、浜辺美波が主演を務める、来年1月クールのカンテレ・フジテレビ系“月10”ドラマ『ドクターホワイト』(毎週月曜 後10:00)に出演することが決定した。高橋にとって初の医療ドラマで、研修医役に初挑戦する。

【動画】岡崎紗絵、金髪ショートに初挑戦 ビフォーアフターに密着

 豊富な医療知識がありながら、正体不明で社会性皆無という女性・雪村白夜が、医師たちの診断を「それ、誤診です!!」と覆し、患者の命を救っていく新感覚の医療ミステリードラマ。透き通るような白い肌に整った顔立ち、素肌に白衣という格好で、早朝の公園に倒れている女性が発見される。彼女は自身を「白夜」と名乗るが、記憶を失って社会一般常識も持ち合わせていない。しかし、ベテランの医師も舌を巻く驚異的な医学知識と天才的な診断能力を備えており…。白夜の謎をめぐってストーリーが進展する。白夜役の浜辺は、今作でフジ系連ドラに初出演。また、医療ドラマも初挑戦となり、劇中では白衣姿を披露している。

 高橋が演じるのは、白夜(浜辺)が参加する“総合診断協議チーム”(通称CDT)のメンバーの1人で、若手研修医の佐久間新平。愛嬌があり、熱血漢で、若干暴走しがちな青年で、おだてられるとすぐ調子に乗ってしまう。個性的で、クセ強めな“はみ出し者”たちの宝庫・CDTでは、ムードメーカーの役割を担おうとするが、空回りすることも。なんだかんだ憎めず、周囲にかわいがられる愛されキャラだ。

 今回の発表を受け、高橋がコメントを寄せた。

――初の医療ドラマ、初めての医師役をすることについて
元々医療ドラマを見るのが好きだったので、参加できることができとてもうれしいです。難しい専門用語が出てくるのかなと思っていますが、研修医らしく頑張ります!

――演じられる佐久間新平は、愛嬌があり熱血。周りにかわいがられる愛されキャラ…という役どころですが、ご自身と近いなと思う部分などはありますか?
僕自身、すごく負けず嫌いな性格なので、熱血って言う面では、子供の頃から好きな事への努力は惜しまず取り組んできました。なので、諦めたくない気持ちはすごく共感できる部分があります。

――総合診断協議チーム(CDT)は、クセ者医師たちが集まっています。共演される方々の印象、撮影で楽しみにしていることなどお教えください。
「本番だけで生まれたアドリブやリアクションがたくさん出てくると思うけど、楽しいと思うよ」というお話をスタッフさんから言っていただきました。緊張していますが佐久間らしくアタフタとついて行きたいと思ってます!とても撮影に入るのが楽しみです

――話題のドラマに次々出演され、大活躍の1年だったと思いますが、ご自身としてはいかがですか?
さまざまな役と向き合う時間が増えて、今までとは違う観点でお芝居を考えたり現場で生まれたものを評価していただいたり、お芝居の楽しさと深さを学んだ1年でした。来年も真摯にお芝居と向き合って行きたいです。

――ドラマへの意気込み、視聴者にメッセージをお願いします。
僕が演じる佐久間は熱血な研修医でありながら、愛嬌があり、周りから愛される。とてもかわいげのあるキャラクターです。佐久間の魅力を皆さんに最大限伝えられるように佐久間と向き合っていきたいと思っております。ぜひ、お楽しみに!
公開:2021-12-08 11:00
更新:2021-12-08 17:17
ギャラリー
[PR]
[PR]
マイベストプロ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]