2022年1月28日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

『日本サブスク大賞2021』旅のサブスク『HafH』がグランプリ コロナ収束期待で外出向けサービスが伸長

『日本サブスクリプションビジネス大賞2021』表彰式
 一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会(東京都渋谷区)は8日、優れたサブスクサービスを表彰する『日本サブスクリプションビジネス大賞2021』の表彰式を開催。グランプリに株式会社KabuK Styleの『HafH』を選出した。

【集合ショット】『日本サブスクリプションビジネス大賞2021』受賞者

 『HafH』は、サービス内で獲得できる「HafHコイン」を使って宿泊する旅のサブスクサービス。観光や出張目的だけでなく、海外を含めた多彩な旅を提供し、「旅をより簡単で便利なものとし、移動の自由化を通じた新たなライフスタイルを提案した」と評価された。

 同賞は今年で3回目。コロナ禍収束の期待が高まり、消費者向け部門では外出向けサブスクが伸長し、旅やコンサート、洋服などを提供するサービスが増えた。グランプリのほか、ゴールドには『電動アシスト自転車のサブスクサービス』(サイクループ株式会社)、シルバーはオンライン薬局サービス『YOJO』(株式会社YOJO Technologies)、ブロンズにはヘアケアをパーソナライズ提案する『MEDULLA』(株式会社Sparty)が選ばれた。

 応募企業100社から、「お得」「お悩み解決」「便利」の3つの基準で審査を行い、消費者向け・企業向けの各部門で、それぞれゴールド、シルバー、ブロンズなどを選定し、最も優れたものがグランプリに。新設された企業向け部門では、リモートワークを支援するサービスが目立った。
公開:2021-12-09 16:13
更新:2021-12-09 16:13
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]