2022年1月19日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

密着24年『石田さんチ』が1年ぶり放送 ヤンチャな末っ子がパパに…コロナ禍での出産に迫る

8日放送『密着24年!孫が誕生3時間SP大家族 石田さんチ~君が、パパになるなんて…~』 (C)日本テレビ
 7男2女一家11人の大家族・石田さんチに密着した日本テレビ系『密着24年!孫が誕生3時間SP大家族 石田さんチ~君が、パパになるなんて…~』3時間SPがきょう午後7時から放送される。

【写真】ヤンチャな末っ子がパパに…密着24年『石田さんチ』が1年ぶり放送

 1997年からなんと取材24年。約1年ぶりの今放送では、取材開始時1歳のよちよち歩きだった石田さんチ1番のヤンチャな末っ子・隼司(しゅんじ)君。少年となり、思春期を迎え夜遊びが増え、絵に描いたような反抗期を経て就職、結婚、そして父親に。コロナ禍に翻弄された25歳の若い夫婦の向き合った、結婚、妊娠、愛おしい命の誕生のリアルに完全密着する。

 当時は外資系化粧品の凄腕営業マンだったお父ちゃんの晃さん、定年退職してからは美容業界の未来を思って奔走中。話術は健在。子育てを終えて自分の時間を満喫する千惠子さん、現在の趣味はフラダンス教室。かつて壮絶な兄弟げんか、青春のモヤモヤがあふれていた石田さんチはすっかり静かに…。

 いまや隼司くんはすっかり孝行息子。“大人”になっていく様子を見守り続けたスタッフたちが、彼が“父”になっていく様子を追う。変化し続ける社会の形の中でたくましく頼もしく生活をしていく大家族石田さんチの“家族の絆”を届ける。
公開:2021-12-08 05:00
更新:2021-12-08 11:43
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]