2022年1月28日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

トップアニメーター・安藤雅司初監督作品『鹿の王』2022年2月4日公開決定

安藤雅司初監督作品、長編アニメーション『鹿の王』2022年2月4日公開、新ビジュアル (C)2021「鹿の王」製作委員会
 日本映画界を長年支えてきたアニメーター・安藤雅司の初監督作品『鹿の王 ユナと約束の旅』が、新型コロナウィルスの感染状況を受けて、2度の公開延期を経て、来年(2022年)2月4日より公開されることが発表された。人類と謎の病の壮大な戦いを映し出した新予告映像と、安藤監督が自ら描き下ろした新ビジュアルも解禁となった。

【動画】アニメ映画『鹿の王』新予告映像

 新しい予告映像では、シンガーソングライター・miletが歌う主題歌「One Reason」にのせて、過酷な運命に抗って突き進んでいく登場人物たちが描かれている。謎の病を利用し、大国の裏でうごめく陰謀とは? 抗体を持ってしまった血のつながらない“父と娘”の運命とは? 人と病の壮大な戦いを映し出すとともに、仲間のために命を懸けて戦う者たちの感動ファンタジー大作を予感させる内容となっている。

 また、新たに描き下ろしたビジュアルにはこれまでも描いてきたヴァン、ホッサル、サエ、ユナに加えて、ホッサルの従者マコウカンに、反乱を企てる戦士オーファン、そして本作の重要な存在である飛鹿(ピュイカ)が力強く描かれている。

 本作は、2015年度本屋大賞、日本医療小説大賞をW受賞した、上橋菜穂子氏のベストセラー巨編「鹿の王」を、日本アニメ界を支えてきたトップクリエイターたちの手により映画化。制作スタジオは、国内外から高い評価を受けハイクオリティな映像作品を世に送り出し続けるProduction I.G。監督は、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』という、邦画の歴代ランキング上位5作品のうち3作品の作画監督を全て担ったトップアニメーターの安藤氏で、初監督・キャラクターデサイン・作画監督を務める。

公開:2021-12-06 09:26
更新:2021-12-06 09:26
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]