2022年1月28日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

おぎやはぎ、練習見せない“美学” オズワルド&真空ジェシカの『M-1』決勝に賛辞「尊敬している」

来年1月3日放送のバラエティー特番『どこかで見たことある雰囲気バラエティー! #っぽいネタ』(C)中京テレビ
 お笑いコンビ・おぎやはぎがMCを務める、中京テレビ制作の日本テレビ系バラエティー特番『どこかで見たことある雰囲気バラエティー! #っぽいネタ』が、来年1月3日の午後4時30分から放送される。審査員っぽいゲストとして、若槻千夏、ジェシー(SixTONES)が出演する。

【番組カット】人気芸人が「#っぽいネタ」を続々と披露

 日常のどこかで見たことあるようで見たことない、実在するようで実在しない、視聴者が笑いながらも、思わず「っぽいわ~」と共感しちゃう芸「っぽいネタ」。世代を超えて楽しめる笑いの共通言語=「っぽい!」をテーマに、人気芸人がオリジナルネタを披露する。

 「っぽい!」と思う数だけ金魚すくいの「ポイ」を投げ入れ、番組の最後には、一番笑えて一番見たことがあるっぽい「ベストっぽいネタ」を決定する。収録を終えたおぎやはぎがコメントを寄せた。

――『#っぽいウタ』の取材で、お2人っぽいネタを伺った時に、オズワルドさんの名前を挙げていましたが、オズワルドさんは『M-1』決勝進出を決めました。
【矢作】入口は(おぎやはぎ)っぽく始まったと思うんですけど。今回の準決勝のネタを見たんですけど、もうね全然っぽくないです。
【小木】やっぱり、っぽいネタやっていたら優勝できないと思ったんでしょうね。
【矢作】アイツらは優勝を狙っていますから。だから、もう巣立っていった感じですね。
【小木】あっという間にね。
【矢作】ちゃんと、笑いがドカンとくるようなリズムとかね。4分だったら、3分くらいからわーっと畳みかけるような。本当に優勝を狙っているネタになっているから。
【小木】声もすごく出ているし。
【矢作】みんなそうなんです。最初は、っぽいところから始まるんですけど、やがて気づくんです。オレらっぽかったらダメだって(笑)。あれじゃあ、優勝できないって。気付けるだけすごいですよね。だって、無理なんですもん。

――事務所の後輩にあたる真空ジェシカさんもファイナリストになりました。
【小木】すごいですよね。人力舎から決勝に出るなんてね。
【矢作】すごいよー。今、決勝残るってなったら、本当にすごいですから。
【小木】オレたちの時代とはまったく違いますからね。
【矢作】オレたちの時はね、本当にエントリーすれば(決勝まで)いけた感じでしたから(笑)。今はもうすごいよ。
【小木】今は準々決勝に行くことがすごいんだから。準決勝行ったら、それだけで箔がつくし。
【矢作】もう違う大会ですよね。オレたちはそういうものだって思ってなかったから。だから、やっぱり10分前にネタ変えちゃうくらいのリラックス感があったもんね(笑)。やっぱり、あのネタにしようかって、コントでしかやったことのないネタを急に漫才でやっちゃうくらいのノリでやっていますからね。今はもう1年かけて作ってきて、どうぞっていう感じなんでね。だから、真空ジェシカをすごく尊敬している(笑)。今の時代に行くってすごいよな。
【小木】本当の漫才師ですよね。

――10分前にネタを変えたというのも衝撃的です。
【小木】ああいう大会に出たのが初めてだったから、よくわかってなかったし、終わってみたら、1分くらい短かったからね(笑)。
【矢作】レベルが違いますから。僕らにM-1のことを聞いても意味がないですから(笑)。

――M-1っぽいネタをやってみようという気持ちはありますか?
【矢作】M-1見ていたら、っぽいネタを作ってみたくなっちゃったことはあるよね。ちょっと速く、ボケを詰め込んで…でも、無理だねー。速くしゃべられない。
【小木】テンポ感ね。
【矢作】恥ずかしいしね。
【小木】速いテンポって恥ずかしいよね。
【矢作】リズムが気持ちいいテンポってあるじゃないですか? あれって、恥ずかしくないですか(笑)? すごくテンポよくやっているって思われるじゃないですか(笑)。一生懸命やったんだなっていう。練習したんだなって思われるのが恥ずかしいんだよね。練習すればするほど、照れくさくてヘタなテンポでやっちゃいそう。

――学生時代に「テスト勉強してないよ」って、あえて言うみたいな感覚ですかね?
【矢作】そうそう! あの美学はずっと持っていますよ(笑)。練習を人前でしないとか。でも、最近のネタ番組は、カメラがずっと追ってくるの。こっちは練習してないから、本当はしたいんだよな。でも、こうやってカメラが来ちゃうから、ネタ合わせしているところを見られたくないから、へっへーってボケちゃったり(笑)。全然練習させてくれないの。
【小木】練習させてくれないから、うまくいかないのよ。

■っぽいネタ芸人
しずる、ヒコロヒー、蛙亭、ザ・マミィ、そいつどいつ、レインボー、ビスケットブラザーズ、岡野陽一、金の国、スクールゾーン、パニーニ、紺野ぶるま、永野、たつろう、THE GREATEST HITS、おばたのお兄さん、カカロニ、伊東先生、わらふぢなるお、サルベース、さくらだモンスター、アイロンヘッド、ぐりんぴーす、パルテノンモード、みんなのたかみち、八幡カオル、トンツカタン、オオシロ大魔神
公開:2021-12-06 05:00
更新:2021-12-06 05:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]