2022年1月23日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

倖田來未、間もなく営業終了の原点Zepp Tokyoで涙「私のスタートラインはここ」

倖田來未がデビュー20周年の締めくくりと、21周年の幕開けを記念する限定イベント初日公演を開催
 歌手・倖田來未が3日、東京・Zepp Tokyoでデビュー20周年イヤーの締めくくりと、21周年の幕開けを記念する限定イベント『KODA KUMI 20TH→21ST ANNIVERSARY EVENT』(3日間4公演)の初日公演を開催した。

【ライブ写真】倖田來未23曲熱唱 20TH→21ST ANNIVERSARY EVENT初日

 「Teaser feat. Clench & Blistah」のイントロが流れ始め、覆面をした集団がステージに登場すると、ステージ中央で主役・倖田來未が覆面を取ってアッパーチューンでたたみかけ、キレのあるパフォーマンスで一気に会場の熱気を上昇させた。

 MCでは「倖田來未も21ちゃい(歳)」と切り出し、ファンから笑顔と拍手が送られると、「最初の6曲、緊張しすぎて正直何歌っていたか覚えてない。無茶苦茶な生配信になるかも?(笑)」と、会場の観客と配信視聴者の笑いを誘った。

 2つのメドレーも披露し、1つ目は「これは絶対超久しぶり!」という「show girl」から始まり、歓喜の拍手が沸き起こる。続けて「Bambi」、さらに「again」「君想い」と、アップテンポなポップスからバラードまでを歌い上げた。

 2つ目は、「Gimme U」「愛証」「Promise」「Someday」「flower」「I'll be there」とバラードで構成した、この日だけの懐かしいスペシャルメドレーを披露。イントロが流れるたびに大きな拍手が起こり、配信チャットでも「鳥肌!」「家で叫んでしまった!」と喜びの声があがった。メドレー間のMC中には“公開メイク直し”をするなど、らしさ全開で盛り上げた。

 ライブ会場のZepp Tokyoは、自身が初めて開催したツアーの始まりの場所。思い入れの深い会場が、来年1月1日で営業終了することを受け、「私のスタートラインはここだった」と語る倖田は、涙ながらに感謝の気持ちを語った。

 初日のクライマックスには、“エロかっこいい”という新たなジャンルを開拓したきっかけとなった「キューティーハニー」を披露。ダンサーとも息ぴったりのセクシーなパフォーマンスで会場の盛り上がりはピークに。「ラスト1曲! 楽しんでいきましょう!」という煽りから始まった「Poppin' love cocktail feat.TEEDA」では、“タオル&レスポンス”で会場が一体化した。

 残りの2日間の配信および3日間の見逃し配信はHuluで行われる。

■『KODA KUMI 20TH→21ST ANNIVERSARY EVENT』初日セットリスト
01.Teaser feat. Clench & Blistah
02.Boom Boom Boys
03.House Party
04.POP DIVA
05.BE MY BABY
06.TABOO
07.show girl
08.Bambi
09.again
10.君想い
11.Gimme U
12.愛証
13.Promise
14.Someday
15.flower
16.I'll be there
17.the meaning of peace
18.Crank Tha Bass feat.OVDS
19.To be one
20.love across the ocean
21.Come Over
22.キューティーハニー
23.Poppin' love cocktail feat. TEEDA
公開:2021-12-03 23:40
更新:2021-12-03 23:40
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]