2022年1月19日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

『ディズニーフラッグシップ東京』がグランドオープン ミッキー&ミニーと“大ファン”武田双雲がお祝い

『ディズニーフラッグシップ東京』オープニングイベントに登場した(左から)ミッキー、井原多美氏、武田双雲氏、ミニー (C)ORICON NewS inc.
 日本最大のディズニーストア『ディズニーフラッグシップ東京』が5日、東京・新宿にオープンし、同日オープニングイベントが行われた。大の“ディズニーファン”である書道家の武田双雲氏も参加するなか、キーオープンのセレモニーにはスペシャルゲストのミッキーとにミニーも駆けつけた。「まさかプライベートでこういう機会をいただけるとは…」と感激する武田氏は2人の登場に「かわいいねぇ~…あ~うれしい」と目を細めた。

【写真多数】渡辺直美監修のぬいぐるみも!『ディズニー フラッグシップ東京』アイテム

 「おこがましいのですがロサンゼルスのディズニーで一番はしゃいで。子どもに止められる。油断するとショーとかで泣いてしまう」というほどディズニー好きの武田氏。プライベートで世界のパークを訪れた写真も公開。ショップのコンセプト『想像の、その先へ』を自ら書作品としてしたためたアートもお披露目し「いやぁ幸せ」と感激した。

 「世界で活動していくなかでウォルトの姿勢に勇気づけらている。僕もアーティストとして未来が見えない時代にこの言葉がさらに響く。書きたい言葉を書かせていただきすごく幸せです」と夢見心地の武田氏。特別に開発された青い墨を散らすこだわりに同席したウォルト・ディズニー・ジャパンのコンシューマ・プロダクツ、バイスプレジデント&ゼネラルマネージャーの井原多美氏も「前に向かって踏みしめる勇気を表現していただき、本当に幸せ。ディズニーへの愛を感じました」と絶賛した。

 『想像の、その先へ』をコンセプトとした究極のディズニーショッピングを目指す『ディズニーフラッグシップ東京』。総面積約1710平方メートルの規模を活用して幅広い商品ライナップでは、ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルはもちろん、国内外のディズニーリゾートで販売されるグッズも取り扱う。さらに公式オンラインストアのみ利用できていた『D-Made』とのコラボ実店舗として初展開。限定アートを含む50種類をTシャツやバッグなどにプリントして好みのアイテムを作ることができる。

 店舗ではディズニーの世界観に没入できるようにデザイン。440インチ以上のLEDビジョン、ウェルカムビジョンがゲストを出迎え、各所に設置されたマジカルデジタルポータルによって人気キャラクター、ストーリーの映像が流れる。キャストはファッションブランド『KEITA MARUYAMA』プロデュースのコスチュームを着用。そしてグランドオープンを記念してフランク・ミュラーとのコラボ腕時計やお笑い芸人・渡辺直美をイメージしたユニベアシティのぬいぐるみ第2弾など特別な商品も多数ラインナップしている。なお、オープンから一定期間はアプリから事前予約した方から優先での入店となる。
公開:2021-12-05 11:05
更新:2021-12-06 10:47
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]