2022年1月23日(日)
山形新聞ロゴ
[PR]

吉沢亮がマンガの魅力を発信、「LINEマンガ TELLER」として“祭”を盛り上げる

「LINEマンガ TELLER」に就任した吉沢亮
 電子コミックサービス「LINEマンガ」は、俳優・吉沢亮を「LINEマンガ TELLER」として起用。3日から開始している「LINEマンガ祭 21-22」を皮切りに、「LINEマンガ TELLER」として、特設サイトやテレビCMなどを通じ、マンガの魅力を発信していく。

【写真】白髪&シワ姿でクランクアップを迎えた吉沢亮

 「LINEマンガ TELLER」就任にあたり、吉沢は「もともとマンガが大好きで、普段からLINEマンガでたくさんの作品を読んでいるので、嬉しいです」とコメント。「LINEマンガについてはもちろん、マンガの魅力も十分にみなさんに発信できるよう頑張ります」と意気込みを語っている。

 「LINEマンガ祭 21-22」は、12月3日から2022年1月10日まで、多くのマンガがお得に楽しめるキャンペーン。期間中は、無料話の増量、毎日さまざまなイベントが実施される。3日からは、「ドキドキMAX! テンション爆上がり」特集と題し、「LINEマンガ 2021年間ランキング男性編)」5位にランクインした『入学傭兵』など、寒さを吹き飛ばす熱い作品の数々が対象に。また、「キュンする乙女は美しい」特集も同日からスタート。「LINEマンガ 2021年間ランキング女性編)」1位の『女神降臨』や、今年9月の連載開始から早くも話題になっている新連載『この好きは止められない』など、この冬に読みたい胸キュン必至の恋愛作品も対象となっている。無料話増量キャンペーンは、テーマごとに6週連続で順次開始され、連載作品は合計1万話以上、単行本は合計1000冊以上(1月10日までの合計。作品ごとに対象期間・無料範囲が異なる)が期間中にお得に楽しめる。

 さらに、人気動画クリエイターがそれぞれの個性全開で「LINEマンガ」オリジナル作品の魅力を届ける企画「#LINEマンガオリジナル推し祭」も開催。本日公開となる YouTuber・はじめしゃちょーの動画を皮切りに、kahoko、伊吹とよへなど、それぞれの YouTubeチャンネルやTikTokアカウントで「LINEマンガ」オリジナル作品の紹介動画が投稿される。ほか、マンガコインのプレゼント企画や抽選会などのイベント、Twitterキャンペーンも実施する。
公開:2021-12-03 19:20
更新:2021-12-03 19:20
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]