2022年1月19日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

Sexy Zone、魅惑的な妖艶グラビアで魅了 美しい4人のショットは必見

12月8日発売の『anan』2278号で表紙をかざるSexy Zone(C)マガジンハウス
 人気グループ・Sexy Zone(中島健人・菊池風磨・佐藤勝利・松島聡)が、8日発売の女性グラビア週刊誌『anan』の表紙&グラビアに登場。多くの人々を魅了し続ける“運命の男”Homme Fatale(オム・ファタール)として、特集「恋と運命」号に相応しい魅惑的な妖艶グラビアで魅了する。

【画像】寄り添う5人と赤い一輪の薔薇…Sexy Zone描き下ろしイラスト

 今年デビュー10周年を駆け抜けたSexy Zoneが登場。さまざまな時を一緒に駆け抜けてきた彼らだからこその、一体感を感じさせるナチュラルで美しい4人のショットは必見。思わず息をのむほどの美麗っぷりを披露した。

 今回のグラビアは「Homme Fatle(オム・ファタール)」。ひとたび出会ってしまったら、抗えない“運命を乱すほど魅力的な男”をテーマに展開。まずは、印象派の肖像画のような背景の中、まず、気品と色香が溢れるブラックのットアップスタイルでは、艶っぽい表情やポージングを披露。

 表紙のカットは、自然の木々が美しい風景写真をバックに、体を預け合いもたれ合う4人を撮影。お互いを支え合ってきた彼らにしか出せない密度での撮影の中、なごやかにもたれかかりながら笑い合う中、シャッター音で、すぐに超絶美の世界に入る。その切り替えのすごさにスタッフも驚く。そんな妖しく美しい男たちから一変、真っ白な衣装に身を包み、ピュアのにどことなく人を惹きつける姿も披露した。

 ペアショットでは、抱き寄せたり、頭を肩に預けたり、ふと投げかけられる眼差しにもドキッとするはず。ギュギュッと集まった集合カットで見せる、家族のように笑い合う最高にハッピーな表情にも注目だ。

 「恋と運命」特集にちなんで、インタビューでは、デビューからの10年や2021年の活動の振り返りなどもたっぷり。メンバーとして集まり、Sexy Zoneとなった最も大き運命についても改めて語っている。また、座談会では、メンバーが語る“相性が良さそうな人”についてクロストーク。互いにわかり合っている同士だからこそ飛び出す掛け合いも飛び出す。

 同号にはそのほか、豊川悦司×中村倫也、7 MEN 侍(ジャニーズ Jr.)の中村嶺亜×本高克樹、乃木坂46・与田祐希、声優の梅原裕一郎、「NANIWA DANSHI STORY」Vol.3には、なにわ男子の道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜が登場する。
公開:2021-11-29 00:00
更新:2021-11-29 00:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場
[PR]
[PR]
[PR]