2022年1月28日(金)
山形新聞ロゴ
[PR]

ENHYPEN『smash. School』配信開始 ”同じ学校に通った気分”になれるビジュアル公開【個別ショットあり】

ENHYPEN『smash. School』キービジュアル
 7人組グローバルボーイズグループ・ENHYPENのオリジナル映像コンテンツ『smash. School』が、きょう29日より縦型&短尺映像配信アプリ「smash.」で独占配信を開始した。

【写真】ENHYPEN、教室での集合ショット 制服姿の個別カットも

 コンセプトは『smash. School』で、配信開始にあわせ、作品のキービジュアル、およびコンテンツ場面写真が解禁された。『smash. School』には、緑、白、赤のラインが特徴のオリジナルブレザーを身にまとったメンバー7人が登場。始業前の教室でおしゃべりをしたり、美術や音楽の授業を受けたり、教室の植木に水をあげたり、部活に打ち込んだりするシーンを計38エピソードにわたって展開する。

 本コンテンツは、ENHYPENのクラスメイト目線でメンバーの姿を撮影。始業前、慌てた様子で教室に入ってきたあるメンバーに、“あなた”が教科書を貸してあげたり、美術の授業では、あるメンバーが“あなた”の作品をのぞき込んできたり…まるで共にスクールライフを送っているかのような疑似体験が楽しめる。

 シーンは、登校、美術、英語、音楽、掃除、部活、屋上などを用意。美術のシーンでは、メンバー自身が実際に描いた絵を披露するなど、 smash.だからこそ見られる貴重な映像がたっぷり。また、『smash. School』では、メンバー全員が登場するコンテンツと、複数のメンバーが登場するコンテンツ、メンバーそれぞれを映し出すソロコンテンツを展開。メンバー同士のじゃれあいや、それぞれの個性が光る授業の様子など、他作品では見られない映像の数々を至近距離から眺められる。

 メンバー全員が登場するエピソードをおさえる長回し撮影では、カメラとタイミングを合わせてセリフを言わなければならないため悪戦苦闘。メンバー同士が話し合い、担当するセリフを交換したり、互いを盛り上げたりしながら無事撮影を終えた。また、休憩中には、教室のセットとして用意したホワイトボードなどの小道具を使ってメンバー同士で遊ぶ様子も。まさに学校の休み時間のようで、和気あいあいとした雰囲気で撮影は進んだ。

 “もしもENHYPENのメンバーと一緒の学校に通ったら”を疑似体験できる本作。きょう29日午前8時から、ダイジェスト版を含む計2エピソードを公開、以降毎週月曜日に新エピソードが更新される。なお、1話から6話までのエピソードは、配信開始時刻の冒頭60分間、完全無料で配信される。
公開:2021-11-29 08:00
更新:2021-11-30 10:16
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形百彩

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]