2022年1月19日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

GENERATIONS『ネプリーグSP』でミス連発 原田泰造が大激怒「HIROさんに言うからね!」

29日放送『ネプリーグSP』に出演する(左から)白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友、関口メンディー(C)フジテレビ
 GENERATIONS from EXILE TRIBEが、29日放送の『ネプリーグSP』(後7:00)に出演する。まさかのミス連発で、メンバーたちが大ピンチとなる。

【番組カット】昭和チームGENERATIONSと対抗する武井壮&沢松奈生子&大久保佳代子ら

 音楽の常識スペシャルと題して、全96問の音楽問題を出題。GENERATIONS from EXILE TRIBEチームVS平成チームVS昭和チームが、昭和・平成・令和にヒットした名曲クイズに挑戦する。GENERATIONS from EXILE TRIBEチームは、白濱亜嵐、片寄涼太、数原龍友、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太が参戦し、原田泰造がリーダーを務める。なお、メンバー7人全員そろっての参加は初となる。

 白濱は「音楽は本業なのでしっかりと勝ちに行きたいと思います!」と強気の姿勢を見せ、関口は「僕もこう見えてアーティストなので…(笑)、息をするように正解していきます」と意気込む。数原も「僕は世の中にあふれている音楽で知らない曲はないので全問正解でいきます!」と余裕の表情。対する平成チームには、堀内健、3時のヒロイン(福田麻貴、ゆめっち、かなで)、アインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)が登場する。昭和チームは、名倉潤、藤本敏史(FUJIWARA)、長嶋一茂、沢松奈生子、武井壮、大久保佳代子が集結。果たして、ファイナルステージに進むのはどのチームなのか。

 1stステージは、流れてくる音楽を聞いてその曲名を答える「ミュージックブレインタワー」。桑田佳祐やYUI、Official髭男dismなどの名曲が続々と登場する。YOASOBIのヒット曲問題が出題されると、白濱がまさかのケアレスミスで一同、苦笑。「やべぇ! 緊張して何も分かんなくなってきた…」と焦りの表情を見せる白濱は、その後出題された超人気曲の問題もタイムオーバーで答えられず大失態を犯す。

 2ndステージ「ファイブリーグ」では、アニメやダンス、大ヒットJ-POPなどの音楽に関する常識5文字クイズが出題される。平成チームは、着実に1問ずつクリアしていき、勝ち進めていく。しかし、アニメ『ONE PIECE』のオープニング曲の問題が出題されると、堀内、かなで、河井の3人がそろっての珍解答で前代未聞の曲名が完成。GENERATIONS from EXILE TRIBEチームは、インド映画のミュージカル場面に登場する有名なダンス問題で、ダンスに自信のある佐野がまさかのミス。堀内は「散々、ダンスのことを言っていたのに、間違えるのは恥ずかしいよね」、かなでも「全然ダメよ!」と突っ込む場面も。さらにTRFのDJ KOOにちなんだ問題が出題されると、中務とまたしても佐野がミス連発。あまりの解答にリーダー・原田も「次からダメな人はHIROさんに言うからね!」と大激怒となる。

 その後のステージ、「カラ漢リーグ」「バルーンバトル」「ハイパーボンバー」では、276万枚売り上げたMr.Childernの最大ヒットシングル曲やモーニング娘。のメドレー曲、HYの名曲などの問題が出題される。GENERATIONS from EXILE TRIBEチームは、GENERATIONSヒット曲の歌詞を書く問題が出題され、自分たちの曲だけに絶対に間違えられない状況だが…数原、佐野、小森が連続してまさかのミスを連発し、最大のピンチに陥る。

 予想外の結果に全員驚くも、数原は「歌うとき、別に漢字を気にしなくていいですからね~」と開き直る姿も…。そして、昭和チームは、松田聖子のヒット曲が流れると、全員ハイテンションに。余裕の表情で歌いながらスイスイと解答していき、ポイントを稼いで他のチームと一気に点差を広げる。一方、平成チームは、勝負所で河井が足を引っ張り、ブーイングの嵐が…。堀内も「ゆずる、今日何しに来たんだよ! ゆずるじゃなくて福田が出てれば…」と発言すると、福田も「2度とお台場に来ないでください。私がレインボーブリッジ封鎖します」と怒りの発言をぶつける! 最終ステージで勝利し、トロッコに乗ることができるのは、どのチームか。
公開:2021-11-29 06:00
更新:2021-11-29 06:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース
[PR]
[PR]
[PR]