2021年12月1日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』浅田舞のイチオシは「湖を渡るシーン」 過去にコスプレも披露

『ぐるナイ』でヴァイオレットのコスプレを披露した浅田舞
 京都アニメーション制作のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のテレビシリーズが、石立太一監督監修で新たに再構成した「特別編集版」として、10月29日に日本テレビの『金曜ロードショー』で放送。また、翌週11月5日には2019年公開の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』が本編ノーカットで地上波初放送される。同作のファンであるプロフィギュアスケーター、タレントの浅田舞が同作の魅力を語った。

【画像】世界が泣いた名シーン…公開された『ヴァイオレット』神回場面カット

 以前、『ぐるぐるナインティナイン』の企画でヴァイオレットのコスプレを披露しており、作品への思い入れもひとしおの浅田。「『愛してる』の意味を探し求める物語。描写がとにかく美しくドラマチックなのが一番の魅力です。代筆の仕事をするたびにヴァイオレットの感情が豊かになっていく、その姿に感動します。手紙を依頼する側のストーリーのエピソードも深くて泣けるんです。トラブルも多いのですが、悩みながらもさまざまな人の愛に触れながら学び成長していくヴァイオレットの姿は美しいです!」と力説する。

 また、「特に好きなシーンは、湖を渡るシーンです。湖に向け飛び立つとスローモーションになるのですが、一瞬一瞬が美しいストーリーでした。そもそもアニメ好きの友達にオススメされて見たのですが、見終えた後、私も同じように友達にオススメしています。今回の放送で、さらに多くの方に見てもらえればと思います」と期待を寄せている。

 同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月にテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。「必ず泣ける」と高い評価を得ている作品で、2020年に公開されたオリジナル新作『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、興行収入21.3億円のヒットを記録、日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。

 放送される特別編集版は、物語の序章にあたる第1話から第3話までと、名作と言われる第7話、第9話、神回と絶賛された第10話を中心に、作品の魅力を濃縮した内容に。『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』は、自動手記人形として成長を重ねたヴァイオレットが、良家の子女のみが通う規律の厳しい女学校に通う新たな依頼主・イザベラの元へ教育係として雇われる物語。次第に心を通わせる2人や、イザベラの過去の秘密が明らかになる。
公開:2021-10-28 06:00
更新:2021-10-28 06:00
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]