2021年12月1日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

V6、最後の『学校へ行こう!』で視聴者にメッセージ「僕たちはずっと応援しています」

TBS系バラエティー『学校へ行こう!2021』でV6メンバーが挨拶
 人気グループ・V6が26日、TBS系バラエティー『学校へ行こう!2021』(後7:00)に出演。3時間の生放送のフィナーレでは、11月1日に26年の歴史に幕を下ろす6人から視聴者に向け、一人ひとりメッセージを送った。

【写真】6人旅に未成年の主張も…V6最後の『学校へ行こう!』

 まず、1997年10月16日の初回からV6の歩みをプレイバック。訪れた学校がズラリとテロップで流れるなか、『東京ラブストーリー』『B-RAPハイスクール』『V6の6人旅』などの名シーンは、どれも6人の笑顔があふれるものだった。

 最初に三宅は「みなさん、『学校へ行こう!』をたくさん愛してくださったみなさん、本当にありがとうございました。街でも観てますよとか声をかけていただきV6のことを覚えていただいて、この番組でいろんなことを学ばせていただきました。関わっていただいたみなさん本当にありがとうございました」と感謝。

 次に長野博は「『学校へ行こう!』僕たちにとっても青春の番組でした。愛情のあるスタッフさんに支えられて恵まれて成長させていただきました。『学校へ行こう!』を長い間愛してくださって本当にありがとうございました」と頭を下げた。

 岡田准一は「『学校へ行こう!』は僕たちの原点で、ここからいろんなもとを学んでスタッフのみなさんに教えていただいてやらせていただいていた番組でした。1個1個、V6の活動が終わっていくなか、またいい景色を最後に見せてもらったことを感謝しています」としみじみ。

 森田剛は「最後にこんなすてきな番組を作っていただき、感謝しています。この『学校』のスタッフさんとは良いときも悪い時も一緒に味わって。でも、笑っていればなんとかなるとすごく感じました。だからこの先、いろんなことがあると思いますが、笑っていきたいなと思うしみなさんにも笑っていてほしいと思いました」と想いを届けた。

 そして井ノ原快彦は「このスタジオ入るところからこの番組のスタッフさん勢そろいして拍手で送り出してくれました。第1回目の収録と全く同じ楽屋で、あの時若かったスタッフが『俺たちだって、あとがないんだからお前ら、がんばれよ』とケツを叩かれたことを思い出しました。いい思い出をありがとうございました。これからもみんな、笑っていきましょう」と呼びかける。

 最後を飾るリーダーの坂本昌行は「この番組を通してたくさんの学生のみなさんと出会え、たくさんのいい思い出を作ることができました。なかなか、これから学生のみなさんと会うことはないかもしれないですが、これから学生のみなさんにはいい思い出を作ってもらって、笑ってほしいなと思います。僕たちはずっと応援しています」と激励。最後はそろって手を振り、別れを告げた。
公開:2021-10-26 22:16
更新:2021-10-26 23:06
ギャラリー
[PR]
[PR]
山形県企業データベース

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]