2021年12月1日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

芦田愛菜、白衣姿で醸し出す大人の魅力「めちゃくちゃ美人になった」 収録後には“達観コメント”も健在

芦田愛菜 撮影/Tsubasa Tsutsui(C)oricon ME
 6歳で日本のドラマ史上最年少初主演を務め、以降、映画やドラマなど数々の作品に出演し続けている芦田愛菜。今年8月に公開した劇場アニメーション映画『岬のマヨイガ』では17歳の主人公・ユイの声を演じているが、本人も今年17歳となり、大人びた姿がたびたび話題となっている。最新のCMでは、大人の魅力を備えた白衣姿のほか、現役高校生ならではの美少女擬人化の役など、幅広いキャラクターをこなしている。

【動画】芦田愛菜の透明感あふれる白衣姿にうっとり「最近かわいくて仕方ない」

■人工衛星のコスプレ?も披露 宇宙に対する独特な価値観も明かす

 スカパーJSATの新CMでは、人工衛星の化身である美少女を演じる。背中に人工衛星を模した羽を付けて空から降りてくる「スカパージェイサッ子」こと芦田が、河川敷に腰掛ける男性に同社の事業を分かりやすく説明するというストーリー。宇宙から地球を見守る様子も描かれており、壮大な雰囲気を醸し出している。

 撮影後のコメントでは、「宇宙のビジネスにすごく興味を持った」と話していたほか、「宇宙から見た地球の写真を見るたびに、キレイな星だなと思うんですけど、その一方で、その綺麗さと自分の生活が結びつかなくて不思議な気持ちになるんです。その不思議さが宇宙の魅力なんじゃないかと思います」と、達観した視点を見せた。

 一方メイキングでは、撮影用クレーンに載って楽しそうに笑う様子や、人工衛星の衣装に苦笑いする様子も見られた。

■自身の愛猫家ぶりを語る「『疲れたな』と思ったら猫を吸いに行ってる」

 白衣姿で登場したのは、コンタクトケア用品「クリアデュー」の新CM。研究所にて、所長と共にコンタクトレンズの進化についてユーザーに訴えかける研究員を演じた。

 CMに加え、メイキングやインタビュー動画も公開中。監督の指示に「はい!」と終始ハキハキと受け答えながら、的確に対応する撮影の裏側も見ることができる。

 インタビューでは、“気持ちが潤っている瞬間”について「猫吸い」を挙げ、「私は猫を飼っているのですけれど、猫のお腹に顔を近づけて猫(の匂い)を吸っている時が一番幸せです(笑)。すごくモフモフであったかくて落ち着くので、『ちょっと疲れたな』と思ったら猫を吸いに行ってます」と愛猫家ぶりを語った。

 現在17歳になった芦田に対して視聴者からは、「子役の可愛さから、大人の女性の可愛さに」「本当に品があって素敵」「魅力的な女性になった」「最近かわいくて仕方ない」「こんな聡明な女性、なかなかいません」などの声が寄せられている。

公開:2021-10-28 08:40
更新:2021-10-28 08:40
ギャラリー
[PR]
[PR]
住宅展示場

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]