2021年11月29日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

メガバンク勤務から自己破産 東大卒YouTuber・矢内彩が振り返る「失敗したことは仕方ない」

(左から)YouTuberの矢内彩、生島ヒロシ
 「東大卒でメガバンク勤務から自己破産」を経験した美人YouTuber矢内彩(やない・あや/33)が20日、TBSラジオ『生島ヒロシのおはよう定食/一直線』(月~金曜・前5:00)にゲスト出演した。

【写真】“生島企画室”軍団が集結!

 2018年1月にみずほ銀行を退社した矢内は、それまで学んできたビジネス知識や経験を活かし、2019年12月にYouTubeチャンネル「新時代の生き方講座」を開設。現在、チャンネル登録者1万2000人を超え、ビジネスパーソン向けコーチングとコンサルティング会社「株式会社La-Reine(ラレーヌ)」の代表取締役としても活躍しているが、自己破産を経験している。

 MCのパーソナリティー生島ヒロシ(70)から「一体、どういう展開だったんですか?」と聞かれ、矢内さんは「不動産に詳しい方の“独立したらローンが組めなくなるから”というアドバイスを受け、しっかり検討せずに物件を購入してしまったんです」と答えた。
 「購入したのは賃貸併用住宅で、アパートを1棟建て一部が私の住居、他を貸し出す形で住宅ローンと投資用のローンが混ざった形でした」と説明。メガバンク勤務という信用力もあり、多額のローンを組むことができた。土地の区画整備が進み、ローン審査も通り、いよいよ建築という段階で突然、「待った」がかかり建築業者が手を引いてしまったのだ。

 その借りた銀行が女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」のオーナー向け融資で、審査書類の改竄(かいざん)など組織的な不正が明るみに出たスルガ銀行。そのため融資の再審査の対象になったり、さまざまなゴタゴタが生じ結果、数千万円の借金を抱えることになってしまった。「メンタルも仕事の方も空回りしてしまって…。弁護士さんに相談したら“破産可能な事案だから、検討してみたら”」と背中を押され」2020年3月に自己破産を決意。1年後の今年4月に自己破産の手続きが完了した。

 「自己破産というと、先行きが閉ざされるのではないかという気持ちになると思うんですが…。今までは比較的恵まれたキャリアで来られたわけですから、いきなり自己破産で、親御さんが聞かれたらびっくりするような話ですが」と生島。

 これに矢内は「自己破産、イコール人生の終わりというイメージはあったんですが、ほかに打つ手がなくて…。もしかしたら、自己破産が自分の窮地を救ってくれるのではないかと調べ始め、意外とそんなに不利益って大きくなくて、もちろん社会的信用は失うんですが、失敗したことは仕方がないので再スタートに向けてはやった方がいいのかなという捉え方に変わりました。両親も“いいよね”って言ってくれましたし、それには私もビックリしましたね。自分の人生の一つのターニングポイントになったと思います」と矢内さんは明るく答えた。矢内は27日も登場し、自己破産後、どう人生を立て直していったのかを語る。
公開:2021-10-20 17:03
更新:2021-10-20 17:03
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]