2021年11月29日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

高田夏帆&戸塚祥太、第1話からベッドシーンでファン狂乱「心臓がもたない」

『凛子さんはシテみたい』第1話より(左から)高田夏帆、戸塚祥太(C)MBS
 女優・高田夏帆と人気グループ・A.B.C-Zの戸塚祥太がダブル主演するMBS/TBS系ドラマ『凛子さんはシテみたい』が19日スタート。第1話からベッドシーンや胸キュンシーンが展開され、視聴者から「心臓がもたない」などの声が寄せられている。

【場面カット】布団にくるまってイジイジする高田夏帆

 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で1位、累計1100万ダウンロードを突破したコミックの実写化。地位や名誉などすべてを備える雨樹凛子(高田)と、同期で容姿端麗な男性・上坂弦(戸塚)の恋を描く。ともに性体験がないというコンプレックスを抱え、“ハジメテ”のパートナーとなる。

 第1話後半にはラブホテルのシーンが描かれ、上坂が凛子を後ろから抱きしめ、「シャワーとか別にいいよ」と真顔で言い放った。さらに、熱い目線で凛子をベッドに倒し、「童貞だからびびってると思ってんの?俺も男だよ」と迫った。この一連の上坂の行動に、「ききききたーーー!」「展開えぐすぎて死ぬwwww」「ぎゃあああああああ」「実技シーンだ!」「上坂くんオスみ!!」「心臓もたない、AED欲しい」と視聴者は歓喜。ツイッターでは「上坂くん」「#戸塚祥太」「#凛子さん」がトレンド入りした。

 『凛子さんはシテみたい』は、MBSでは毎週火曜の深夜0時59分から、TBSでは同深夜0時58分から放送。

■第1話あらすじ(ネタバレあり)

 ドラマ冒頭、凛子が謎の男性にベッドの上で迫られているシーンから幕を開けた。凛子は、27歳にしてウェディングプランナーのチーフに昇格し、地位、名誉、憧れ、羨望のすべてを得た、誰もが認める“いい女”で、映像クリエイターの緋山余一(猪塚健太)に密かに想いを寄せている。しかし、性体験がないという悩みがある。

 ある日、凛子は、緋山が他の女性社員に好意を寄せられ「(付き合うなら)いろいろ経験した女性のほうがよい」と話しているのを聞く。自身の秘密が万が一バレてしまったら緋山とはうまくいかず、パーフェクト女子として生きてきた自分のキャラクターも崩れてしまうと凛子は追い詰められる。

 一方、凛子が働くブライダル会社には、同期の上坂弦(戸塚)が勤めている。彼は契約数1位を誇り、容姿端麗でミステリアスなため女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子。指がきれいで、夜は「テクニシャン」なのではないかと噂だが、凛子にはパーフェクトな上坂は目障りだった。

 なんとか初体験を済ませたい凛子は、園子(ゆん)と合コンに参加する。しかし、恋愛スキルゼロのためうまく立ち回れず、一人で帰り道にバーに立ち寄ったところ、上坂と遭遇。バーの店長・久地(飯島寛騎)は、実は上坂の同級生で、彼の過去を知る唯一の人物だった。

 久地の暴露により、上坂が初恋をこじらせたピュアボーイで、高校時代は完全な陰キャラだったことが明らかに。上坂のイメージが少しずつ変わり、上坂も性体験がないことがわかるや、凛子の目は輝き、“初体験の相手”として上坂をラブホテルに誘う…。
公開:2021-10-20 15:27
更新:2021-10-20 15:27
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]