2021年11月29日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

【引退会見】松坂大輔、引退試合をためらう「これ以上、ダメな姿を見せたくないと…」 周囲の声で決める

引退会見を開いた埼玉西武ライオンズ・松坂大輔投手(C)SEIBU Lions
 “平成の怪物”と呼ばれたプロ野球・埼玉西武ライオンズの松坂大輔投手(41)が19日、埼玉県所沢市内で引退会見を開いた。

【写真】家族への思いを語りながら…涙を流す松坂大輔投手

 会見の冒頭で松坂投手は「今シーズンをもちまして、引退することをご報告させていただきます」と発表。「選手は誰しもが長くプレーしたいと思い、こういう日がなるべく来ないことを願っていると思う。うん…。きょうという日が来てほしかったような、来てほしくなかったような…。そんな思いがあった。現時点では、まだスッキリしていない」と心境を語る。きょう最後の先発登板となるが「投げることができて、そこで自分の気持ちもスッキリするのかな。スッキリしたいな」と思いを伝えた。

 きょう19日はファンの前で最後のマウンドに上がる。ただ「本当は投げたくなかった」と打ち明ける。「これ以上、ダメな姿を見せたくないと思っていた」と理由を明かしながらも「引退を、たくさんの方に報告させてもらいましたけど、やっぱり『最後にユニフォーム姿でマウンド立つ松坂大輔を見たい』と言ってくれる方々がいた。どうしようもない姿かもしれないけれども、最後に全部さらけ出して見てもらいたいと思いました」と思い返したことを語った。

 セレモニーは特に行わないそうで「最後に関しては改めてファン感謝デーで。そこで伝えられたら」とする。「きょうは試合後にグラウンドを一周してスタンドにあいさつだけはラストにやります。きょうはナイターですし、皆さんの時間もないでしょうから(笑)。終電もありますから、僕の気遣いです」と、朗らかに語っていた。

 松坂投手は、横浜高校時代に甲子園を沸かせ、1998年にドラフト1位で西武ライオンズに入団。ボストン・レッドソックスなど米メジャーリーグでプレー後、2015年に帰国後は福岡ソフトバンクホークス、中日ドラゴンズを経て、昨年から古巣の埼玉西武ライオンズに復帰した。今シーズン限りでの現役引退を表明しており、きょう19日に日本ハムファイターズ戦(メットライフドーム)で最後の先発登板を果たす。
公開:2021-10-19 14:00
更新:2021-10-19 14:07
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]