2021年12月8日(水)
山形新聞ロゴ
[PR]

【Girls Planet】大波乱のガルプラ最終投票中間発表に衝撃走る 日本勢4人&1位常連シャオティンが圏外へ

『Girls Planet 999 :少女祭典』第3回視聴者投票TOP9に入った日本勢(左から)川口ゆりな、坂本舞白、江崎ひかる、野仲紗奈(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
 グローバルガールズグループデビュープロジェクト『Girls Planet 999 : 少女祭典』(全12話/通称ガルプラ)が22日の最終回に向け、現在、デビューメンバー9人を決める最終の視聴者投票が行われている。18日にYouTubeで配信された番組では、その中間順位が突如発表となり、視聴者に大きな衝撃を与えた。

【写真41点】ガルプラ第3回生存者発表式 ファイナリスト18人&涙の別れも

 『Girls Planet 999』は、IZ*ONEやJO1ら数多くの人気グループを輩出した『PRODUCE』シリーズなど数多くの人気番組を仕掛けてきた韓国のエンターテインメント企業CJ ENMが手掛ける新たなオーディションプロジェクト。応募総数1万3000人の中から日本、韓国、中国で行われたオーディションを通過した各地域33人、合計99人が参加し、10月15日放送の第11話でファイナリスト18人が決定した。

 18日にYouTubeで配信された番組には、K(韓国)グループ9人、C(中国)グループ5人、J(日本)グループ4人のファイナリスト18人が総出演。オーディションでK-POPマスターとして参加者たちにアドバイスを送っているティファニー(少女時代)が司会を務めて18人の素顔を紹介した。その番組のラストに、突如として中間順位が発表となった。

■最終投票 中間発表
1位:キム・チェヒョン(K)
2位:チェ・ユジン(K)
3位:キム・ダヨン(K)
4位:ソ・ヨンウン(K)
5位:ヒュニン・バヒエ(K)
6位:カン・イェソ(K)
7位:キム・スヨン(K)
8位:グイン・マヤ(K)
9位:スー・ルイチー(C)
----------------------
10位:フー・ヤーニン(C)
11位:キム・ボラ(K)
12位:江崎ひかる(J)
13位:川口ゆりな(J)
14位:坂本舞白(J)
15位:野仲紗奈(J)
16位:シェン・シャオティン(C)
17位:ウェン・ヂャ(C)
18位:ファン・シンチャオ(C)

 参考までに、15日に発表されたばかりの第3回視聴者投票順位は以下のとおりだった。

■第3回視聴者投票順位(矢印はTOP9の前回順位との比較)
1位(→ 1):シェン・シャオティン(C)4,161,699点
2位(↑ 初):キム・ダヨン(K)2,395,726点
3位(→ 3):坂本舞白(J)2,314,788点
4位(→ 4):江崎ひかる(J)2,185,083点
5位(→ 5):チェ・ユジン(K)1,747,716点
6位(↓ 2):川口ゆりな(J)1,692,862点
7位(↑ 初):野仲紗奈(J)1,621,602点
8位(↑ 初):フー・ヤーニン(C)1,548,272点
9位(↑ 初):ソ・ヨンウン(K)1,524,572点
---------------------
10位:スー・ルイチー(C)1,369,169点
11位:キム・チェヒョン(K)1,308,669点
12位:カン・イェソ(K)1,248,877点
13位:ヒュニン・バヒエ(K)1,238,862点
14位:ウェン・ヂャ(C)1,121,791点
15位:キム・ボラ(K)1,023,271点
16位:ファン・シンチャオ(C)1,015,623点
17位:キム・スヨン(K)989,381点
プラネットパス復活:グイン・マヤ(K)

 投票は『Girls Planet 999』公式プラットフォーム「UNIVERSE」で行われており、投票結果は韓国地域50%、それ以外の全地域50%の比率が反映されている。第1・2回視聴者投票は各国3人計9人、第3回視聴者投票は各国1人計3人に投票できたが、ファイナルは1日1回、1人だけに投票。順位の変動は予想されていたものの、第3回投票ではK3:C2:J4だった割合が、今回の中間発表でK8:C1:J0と激変した。

 第3回投票ではTOP9から陥落して11位となったキム・チェヒョンが、今回一気に1位となり、Kグループが8位までを占拠。9位に辛うじてCグループのスー・ルイチーが食い込んだ。Jグループは第2回視聴者投票で坂本舞白(3位)、江崎ひかる(4位)、川口ゆりな(6位)、野仲紗奈(7位)の4人がTOP9に入っていたが、今回の中間発表では4人とも10位以下となった。

 さらには、番組シグナル(テーマ)ソングの個人評価でCグループ1位、視聴者投票は第1回2位、第2回1位、第3回も2位に1位と圧倒的な強さを見せていたシェン・シャオティンが、まさかの18位中16位に。シャオティンは第3回視聴者投票で、韓国票1位。アメリカ、イギリス、フランスなど77ヶ国で1位に輝き、2位に176万ポイントの大差をつけて首位をキープしていたことから衝撃の度合いは日本勢以上に大きかった。

 SNSでは「ガルプラ中間発表衝撃すぎて」「ガルプラの最終投票の中間結果えぐ、、、」「ガルプラの中間順位見たけど震えてる」「中間順位やばすぎる泣」といった声が続々。有力なセンター候補だったシャオティンの急降下に対しても「え、私のシャオティンどこ?」「いやまじでシャオティンがデビューできない世界線えぐすぎ」「シャオティンと日本人メンバー順位落ちすぎて」と“悲鳴”が上がり、ツイッターでは「中間順位」「シャオティン」がトレンド入りした。

 最終投票は、10月22日午前10時まで行われる1次投票と、22日午後8時からABEMAで日韓中同時生放送中に行われる2次投票の結果を合算。18人のうち全体順位1位~9位までの9人が、デビューメンバーに決定する。結果はいかに……。
公開:2021-10-19 12:10
更新:2021-10-25 15:24
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]