2021年11月30日(火)
山形新聞ロゴ
[PR]

永野芽郁&田中圭“親子”イラスト、「おっさんずラブ」も手掛けた漫画家・山中梅鉢が寄稿

映画『そして、バトンは渡された』(10月29日公開)漫画家・山中梅鉢による、永野芽郁と田中圭が演じる森宮親子を描いた応援イラスト(C)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
 女優の永野芽郁が主演し、田中圭、石原さとみが共演する映画『そして、バトンは渡された』(10月29日公開)より、漫画家の山中梅鉢が描いた応援イラスト・コメントが公開された。「BE・LOVE」(講談社)にて「この恋、茶番につき!?」を連載中の山中は、田中が主演したドラマ『おっさんずラブ』のコミカライズ版も手がけており、今回は主人公・優子(永野)の義理の父親、森宮さんを演じた田中をイラスト化した。

【動画】映画『そして、バトンは渡された』メイキング映像(森宮親子編)

 イラストでは、優子役の永野のキュートさや、田中の優しい父親感が表現されており、優子と森宮さんの明るく、温かい親子関係がにじみ出たカラフルなイラストに仕上がっている。山中からは「物語のピースがまるで音符。ひとつひとつはまる時、ステキなメロディーで胸がいっっっぱいになる様なお話でした。主人公とつながった人たちの人間らしい、完璧ではない、でもどこかカラフルであたたかい愛情に涙せずにはいられませんでした。心温まる物語をありがとうございました」とコメントも寄せている。

 同映画は、血のつながらない親に育てられ4回も苗字が変わる不遇な環境ながらも、“あっけらかんとした性格”の主人公・森宮優子と義理の父・森宮さん。そして、シングルマザーの梨花(石原さとみ)と義理の娘・みぃたん(稲垣来泉)。ある日、優子の元に届いた母からの手紙をきっかけに、2つの家族の物語が交差していき、「命をかけた嘘」と「知ってはいけない秘密」の本当の理由、タイトルの本当の意味がひも解かれていく。
公開:2021-10-19 11:00
更新:2021-10-20 10:22
ギャラリー
[PR]
[PR]
就活ナビ

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]