2021年11月29日(月)
山形新聞ロゴ
[PR]

映画『護られなかった者たちへ』佐藤健の”箸の持ち方”が話題のうどんシーン解禁

映画『護られなかった者たちへ』(公開中) (C)2021映画「護られなかった者たちへ」製作委員会
 俳優の佐藤健、阿部寛らの共演で、人気ミステリー作家・中山七里の同名小説を映画化した『護られなかった者たちへ』(公開中)より、佐藤演じる利根が、震災直後の避難所で知り合った遠島けい(倍賞美津子)、そして小学生のカンちゃんと食卓を囲むシーンの本編映像が解禁となった。

【動画】映画『護られなかった者たちへ』幸せだった過去シーン

 同映画は、震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていくヒューマン・ミステリー。別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの利根が、容疑者として捜査線上に浮上し、刑事の笘篠(阿部寛)は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた――。

 解禁された映像で、3人がいるのはけいの自宅。けいは“避難所よりも、自分の家が一番落ち着く”と、被災した自宅で過ごすようになっていた。カンちゃんに誘われてけいの自宅を訪れた利根は、けいとカンちゃんが用意した “うどん”を食べることに。勢いよく頬張る利根の姿から、お腹を空かせていたことが伺える。

 けいは利根の身辺について話を聞くが、友人もいない、職場も津波で流されたという返答…そんな利根に、「笑顔でいなさい。そしたら、人はあなたにもっと優しくしてくれるから」と優しく語りかける。このシーンは、身寄りのない3人が、家族のように肩を寄せ合うように生きていく、始まりの場面でもある。3人の絆は徐々に強くなっていき、そして9年後の連続殺人事件へとつながっていく…。

 利根がうどんをかきこむシーンは、何度もテイクが重ねられた。完成披露試写会では、倍賞がこのシーンでの佐藤の食べっぷりを明らかにしており、なんと約10杯も平らげたという。SNSでは、佐藤の”箸の持ち方”にも注目する声が上がっており、指先・箸の持ち方にまで役が宿るその細かい演出、そして佐藤の役作りが話題となっている。

公開:2021-10-17 12:00
更新:2021-10-18 04:53
ギャラリー
[PR]
[PR]
月間やましんDVD

県内ニュースランキング

[PR]
[PR]
[PR]